リスティング広告

リスティング広告とSEOの複合戦略書Ver.1.5

あなたも、費用対効果の高いリスティング広告を実施したいと思いませんか?

更には、リスティング広告で成果に確証がもてるキーワードにSEOを施し、自然検索で1位を獲得しリスティング広告費用「0円」で、利益を増幅できれば、あなたのビジネスはどれだけ発展するでしょうか…

本書は、そんなリスティング広告のテストを低予算、短期間で実施する方法と、そこから導きだされたデータを元にリスティング広告とSEOのバランスを最適化させるノウハウや事例を紹介する書籍です。

では、ご質問です。

リスティング広告 ABテスト

上図のリスティング広告 ABテストは本書Ver.1.0のプロモーションを行なった際のもので、結果は広告ABトータルでのCTR(クリック率)は、0.33%、CVR(コンバージョン率)は、1.77%でした。決して褒められた数字ではありませんが、上記広告Aと広告Bでは、どちらの方が反応が高かったと思いますか?(違いは2行目)

リスティング広告のABテストをはじめた前半では、広告Bの方がクリック率が高く、広告Aへの反応は後半伸びました。

正解はこちら。

リスティング広告 ABテストの結果

CTRだけ見ると0.12%と僅差ですが、CVR(コンバージョン率:顧客転換率)を見ると、一目瞭然です。

また、今回行なったリスティング広告ABテストのトータル指数(CTR:0.33%、CVR:1.77%)から比較すると、広告Bを削除し、広告Aだけでプロモーションを行なえば、1.12%の成果向上が見込めます。

そして、リスティング広告には掲載させるキーワードとの関連性が大きく影響します

広告Aでは、リスティング広告が掲載される検索キーワードを絞ると、CTR:2〜9%を超える理想的なクリック率を確保できるものがありました。

コンバージョン単価では3,000円以上の差も

トータル指数と広告Aでのコンバージョン単価を比較すると、3,000円以上の差が出ました。これは、顧客1人獲得するのにかかった費用の差額です。

言い換えれば、適切なリスティング広告のABテストを実施すれば、1人当り3,000円のコスト削減ができるわけです。逆に考えれば、1人当り3,000円の利益を出そうとすれば…

それはきっと苦労が絶えないことでしょう。

このリスティング広告のABテストにかけた予算はいくらだったと思いますか?

Google AdWords担当者から有益な情報をGET

このリスティング広告 ABテストが終了した後日、私はGoogle AdWordsの担当者と会話をしました。その中でいくつかの有益な情報をGETすることができました。

1つ目は、リスティング広告のCTRは、0.3%以上だと及第点に達しているということ。キーワードを絞れば2〜9%のCTRを獲得することができているため、テストを行なっているリスティング広告のコピー文は、及第点以上であることの2点です。

CTRがリスティング広告(Google AdWords)の及第点に達しているということは、そのテストから得られたデータは、信用するに値するサンプルと言えます。

私は、こう言ったテストを25,000円程度のリスティング広告予算で実施しました。

もう1点は、「Googleは検索結果に表示される11のリスティング広告枠を全て利用するとは限らない」という話です。

これは、言い換えれば、クリック単価がいくら高額なキーワードにリスティング広告を出稿してもプレミアムポジション(上位3位)に入らなければ1ページ目に広告は表示されないということを意味しています。

更に言えば、そんな費用対効果の悪いキーワードに対してはいち早くSEO的視点を盛り込み、自然検索からのアクセスを獲得する戦略に切り替えなければ、いつまで経っても利益損失が続くということなのです。

PPCで見つけ、SEOで補強し攻める

リスティング広告とSEOのバランスが必要なのです。

本書では、こういったリスティング広告のABテストを低予算で実施するためのセールスページの作り方から、リスティング広告の広告文面の準備の仕方、そしてリスティング広告文面が確定した後のセールスページABテストのテクニックや事例に加え、その中からあぶり出されたキーワードをSEOで攻めるのか、それともリスティング広告で攻めるのかと言ったボーダーラインを直近の事例とともに随時お伝えしていく書籍です

追加事例、追加情報は無料でプレゼント

前文で「随時お伝えしていく書籍です」という箇所に「?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、本書はまだ未完成なのです。

未完成と言っても、リスティング広告のABテストを実施するために必要な、セールスページに施すSEO(品質スコア・アップに貢献します)、リスティング広告のABテストを行なう広告文面の作り方、そしてリスティング広告もSEOも外注に委託せず、自社運用するための秘訣をお伝えしています。加えて、なぜ、これらを外注に委託してはならないのかをお伝えさせていただいています。

そして、このページにあなたがどこからたどり着いたのか、今の私にはわかりませんが、このプロモーションもPPCやFacebook広告、リスティング広告を使ってABテストを行い改善を加えています。

リスティング広告には3行の広告コピーがありますので、このABテストは最低でも後2回は実施します。

本書『SEO/PPC』Ver.2.0からは有料販売

本書の無料キャンペーンは、当バージョンで最終になります。今回行なっている「無料オファー」のリスティング広告ABテストが終了し、そのデータ解析や考察事項、そのテストに至るまでの背景などを加筆したVer.2.0からは有料販売となります。

しかし、あなたが、本書を手に取ってくだされば、バージョンUP版は無料で進呈させていただきます。

『SEO/PPC』のバージョンUPはいつまで続く?

本書のバージョンUPは、少なくてもこの後6回の加筆、再編集を行なう予定になっています。

詳細をここでお伝えするわけには生きませんが、「無料オファーのリスティング広告ABテスト」を実施した後、販売プロモーションをはじめ、値上げを行い、その値上げの度にリスティング広告のABテストを実施します。

このリスティング広告のABテストだけで目標としているコンバージョン率や、コンバージョン単価を獲得できなければ、セールスページのABテストを実施し、その様子もバージョンUP版として、読者限定でプレゼントします。

リスティング広告 ABテストの本

また、本書とは別に既にFacebookでプロモーションを行なっている無料のe-bookがあります。本バージョンのVer.1.5より、Facebook広告の実施報告もスタートしました。

現段階でのFacebook広告のCTRとCVRと以下の通りです。

【Facebook広告プロモーション経過状況】

CTR:0.505%
CVR:3.77%

Facebookでのプロモーションは広告効果だけでは計測しきれませんので、セールスページへのPV(ページビュー:そのページが何回見られたか)とコンバージョン数で、CVRを算出すると、現段階では22.2%のコンバージョン率を達成しています。

この無料のe-bookは、本書の無料キャンペーン終了後、リスティング広告のでABテストを行ない、Google AdWordsとFacebookでのプロモーションとでデータを比較し、最適なプロモーション媒体を決定します。

そして、これらの経過情報をすべて、今回あなたが本書をお申込み頂ければ、今後無料でバージョンアップした本書(PDF版)を無料でプレゼントします。

目次・章立て

はじめに

Part1. 短期間で低コストのPPCテストとは

天才である必要はない、必要なのは『キッカケ』
アフィリエイトとので会い、そして失敗、しかし…
本格的なネット集客を開始、SEOは大嫌い!
Web上に自分の分身を置き、リアルではネタを集める
リスティング広告の悪夢、再来

Part2. 永遠のテーマ?「SEO vs PPC」

なぜ、SEOとPPCは相対するものと考えられているのか
予算の大小でSEOかPPCかを選ぶ?
速効性の有無でSEOかPPCかを選ぶ?
SEOもPPCも自社運営が一番速効性に富む
SEOには時間がかかるし不安定の嘘
PPC依存による、広告費垂れ流しの罠
■PPC依存症タイプその①『新規獲得熱中症』
■PPC依存症タイプその②『サンプルばらまき症候群』
■PPC依存症タイプその③『コスト削減切望症』
SEOかPPCかの選択ではない!必要なことは併用する戦略
PPCに月額40万円を投じていた企業にSEOを導入し広告コスト50%削減、売上4.8倍
立ち上げたばかりの個人通販での手痛い契約ミス

Part3. SEOから始めるか、PPCから攻めるかのボーダーライン

SEOとPPCには共通点が無数にある
ホームページの運営期間で、SEO重視かPPCかを見極める
■これからホームページを新規で立ち上げる場合
■既にホームページの運営を始めているなら
■今あるホームページが数百ページを超えるようなら
キーワードスキルで見極める
■コピー(セールス文章)スキルは、テストで磨く
それぞれの管理スキルで見極める

Part4. 時代は、今やネットの時代?

SEO/PPC Ver.1.5追加分

Pare5. 無料オファープロモーション(Ver1.5追加分)

セールスページの作成
■商品のリサーチを行ないセールスページのキーワードを決める
■セールスページの質はスワイプファイルの量で決まる
■セールスページのコンバージョン率はリスティング広告コピーにも影響する
■初回セールスページで留意する『最低限の質』とは
セールスページのSEO内部施策
■AdWordsの品質スコアを上げるSEO内部対策
キーワード選定
広告文作成
AdWordsスタート、そして大失敗
■こんなAB広告文じゃテストにならない
リ・スタート
■はじめの失敗で学んだこと
■データ公開:クリック率9%を達成したAdWords広告とは

Paret6. Facebook広告とプロモーション

Facebook広告は何から始めるか
Facebookページの「いいね!」獲得広告
Facebookへの投稿を広告する
ウェブサイトのコンバージョンorアクセスを増やすFacebook広告
あとがき

著者紹介

MatsumuraTakumi.com 代表 松村 工
SEO/PPC 著者2009年にファイナンシャル・プランナー(FP)として独立するために、その準備として小遣い程度の予算でリスティング広告を始めるが、数時間後に予算を使い果たし、そこから本格的にSEOとPPCの関連性を学び始め実践を繰り返す。

その1年半後に独立を果たすが、FPとしての独立ではなく、ネット集客マーケターとしてだった。

この18ヵ月の間に松村が実践を積んだのが本書の原案にもなった「SEO/PPC」という考えだ。SEO(検索エンジン最適化)でリーチすべきキーワードは、PPCのテストによって導きだされるという基本原理を実践により摑み、その後、「SEO業界の人』となるが、その裏には常に低予算、短期間でのPPCテストがあった。

ネット集客やホームページ活用のアドバイスは100業種を超え、クライアントにはホームページ制作業者、SEO業者、通信販売事業者、経営コンサルタント、個人起業家などがいる。本書以外の著書に『小さな会社の儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴』『価格戦略』『今ある社内リソースを最適化して、ネットとリアルで集客・営業を最大化する実践マニュアル』がある。

松村工 著書

本書をお申込み頂くと松村工のメールマガジンに自動登録されます。もちろん登録解除はメールマガジン最下部からいつでも可能ですが、ご登録を解除されますと本書『SEO/PPC』のバージョンUP版(PDF)をお受け取り頂けなくなりますので予めご了承ください。