ゲリラSEOとジャストテキスト・アドバンテージの法則

本書のタイトル「ゲリラSEO – 善と悪のWEB戦略 – SEOスパムの実態と未来への警鐘」には、リリース前に様々な憶測を呼んだ。

これまでのシリーズ本では一貫して「SEOはWEBマナー」であり、検索エンジン最適化と検索ランキング上位表示対策とは、別物だとして解説を続けてきた。この考え方に関しては、未だ一切迷いはない。

しかし、インターネット上を見渡せば、これらの区別を見る事はほとんどなく、いけしゃあしゃあと大手レジストラサービス会社がSEOリテラシーの乏しい個人や企業に対して、劣悪なSEOサービスを販売している。

名前を晒せばただの誹謗中傷でしかない。

そのため、企業名は控えさせていただく。これまでにもいくつかのシリーズ本の中で、SEOサービスの実態に触れてきたが、私が過去関わってきた友人関係にもあった業者の中にも、企業ホームページを結果的に傷つけてしまうSEOを業者自身の喉の渇きを潤すためだけに提供しているといった悲しい現状は、未だに続いている。

そのため、本書ではこれまで避け続けられてきたSEOスパムの実態とそのメカニズムにも光を当て、これらの危険からあなた自身の、または御社のホームページを守る手だてとして8つの事例を解説させていただいている。

中には、Googleを欺く施策と知りつつ、依頼者に気付きを得ていただくために、スパム施策研究の中でテストしていた中古ドメインを使った、施策を紹介している。

そして、その実態も公開した。

ゲリラSEOには、私が知る範囲だが「善と悪」の施策がある。この事に関しては、Capture9を参照していただきたいが、善の正攻法としてのゲリラSEOが如何に検索エンジンに対しても、あなたの顧客に対しても自然で、あなたを惑わす施策でもない事に気付き、そして悪のゲリラSEOが如何に短絡的でその場しのぎの施策でしかないのかということを気付いていただけるはずだ。

本書で取り上げた事例は、工務店、サプリメント通販、ファイナンシャルプランナー、病院、家庭用エクササイズグッズ、整骨院、ペット用サプリメント通販、買取専門業の8種類の事例を掲載している。

どれも特徴的な業界ではあるが、中にはそれぞれの事例で実施した戦略を「ホテル事業」のWEBサイトで応用するとしたら…と、事例をあなたのビジネスに変換するアイデアも紹介させていただいた。

だからあなたには、事例を読みながら「なるほど」と相づちを打つだけじゃなく、ご自身のビジネスにどう転換できるかを考えながら、学びを深めて欲しい。

本書「まえがき」より一部抜粋

ゲリラSEOとスパムサービス

2015年11月。このとしの春からネット集客関連のサポートを始めていた関西のクライアントから電話があった。

何やら有名な(きっとあなたも知っている)大手IT企業の関連会社から、コンテンツSEOサービスの営業電話があり、そこに依頼するために前もって私に連絡をしてきたと言う。

私は社名を聞き、そのサービス内容を彼が話すより先に、サービス詳細を話し、検討し直すように助言した。

このコンテンツSEOサービスの営業電話を私は、数年前にあるクライアント会社に出向いている時に受けていたのだ。

このクライアント企業で受けた電話以外にも、他から同様の相談が数件寄せられていた。中には、実際にそのサービスを受けている最中の企業から、SEO底上げの相談などもあった。

このサービスはスパムSEOでは、確かにない。

しかし、数10万円を投資して実施する施策でもない。その全貌は本書の中で解説している正攻法としての「ゲリラSEO」で、あなたも頭を悩ます事なく、そしてプラスαの労力を費やすことなく、実施できるようになるだろう。

SEOリテラシー弱者を狙った関連サービスにご注意ください

この関西のクライアントは、半年以上サポートを続けていたにもかかわらず、やはり超有名大手IT企業のサービスとなると、そのネームバリューで惑わされてしまったようです。

私の影響力やそれまでのサポート内容が、弱かったということもあるかもしれません。

しかし、あなたには、大切な家族とお客様を守るためにも、こういったSEOリテラシーの格差を付いた劣悪なサービスに惑わされないでいただきたいと考えています。

本書が、その一端を担えるとしたら、それは私にとって最高の喜びです。

ゲリラSEO 電子書籍

目次・章立て

Capture1:
ホームページ制作事例とその裏側

はじめに
Capture1:ホームページ制作事例とその裏側
ハイクオリティ、高額リフォームをウリにして大成功
中古ドメイン高PageRankドメインスパムの実態
Googleアルゴリズムアップデートで成果を得る鍵
新たな工務店と再出発
口下手で物静かな設計士が30ページ分の原稿をどうやって生み出したのか
口下手職人も饒舌になる「昔話ミーティング」
近年のホームページ成功で決して無視できないこと

Capture2:
SEOの2大要素を分解

あの工務店サイトは今…
中古ドメインを使った自作自演サイトで順位を復活

Capture3:
新しい造語が「お宝キーワード」?公開後からSEOだけで10,000アクセスを取り続けた、ダイエットサプリ通販サイト

強豪ひしめくダイエット系キーワードで不動の1位を獲得
奇跡が起こった!…か…

Capture4:
たった2回しか会わずに住宅建築の契約を取り続けた工務店のホームページ制作と戦略

ネット上で29,800円、リアルなら100万円

ゲリラSEOとジャストテキスト・アドバンテージの法則

セールスを不要としたホームページ制作
初回面談の日に、契約成立。もちろん「間取図」も無し
専門知識なんて必要ない。顧客が欲しいと思えばサイトで集客は簡単

Capture5:
分かりにくい専門用語ばかりの美容系女医のホームページ失敗談

Capture6:
類似商品多数、玉石混合の中立ち上げた、家庭用エクササイズグッズの通販サイト事例

新参商品はライバル大手の前後にランクインさせる

Capture7:
新規開業で予算不足…10万円でSEO完備、スマホ対応完備のホームページを立ち上げた整骨院サイト

プロの言い分を聞き入れる前に自分の正当性を検証しよう
ホームページの運営方針は初回原稿のタイプで変わる。
ローカルビジネス最善のホームページ戦略
SEOはWebマナー、上位表示はその結果論

Capture8:
ペット用サプリメントの単品通販サイトのホームページ戦略

Capture9:
SEO、広告共に熾烈な「買取業」のサイトで公開3日後に依頼発生

販売代理店業、買取業におすすめの【ゲリラSEO】
考える前に書け!これが最速のコンテンツSEOだ
ゲリラSEOはゲリラ戦だけでは終わらない
ゲリラSEOの応用例

Capture10:
ジャストテキスト・アドバンテージの法則

ジャストテキスト・アドバンテージの法則のヒントは既に転がっている
あとがき

書籍情報

書籍タイトル:ゲリラSEO – 善と悪のWEB戦略 – スパムSEOの実態と未来への警鐘
フォーマット:Amazon Kindle
紙の本の長さ:227ページ相当
出版:HCM Next Connect
著者:松村工

本書のご感想を聞かせてください。

HCM Next Connect出版では、読者の皆様から各書籍についてご感想やご意見、ご質問をお聞かせ願っております。下記コメントボックスからお気軽に、お聞かせください。

ご質問やコメントをお寄せください。