売れるホームページ5つの禁忌

2015年、紙の本で計算すると860ページを超える電子書籍をリリースした。

この書籍は4,800円、7,800円と値上げをし販売していたが、今ではもう、その販売していない。

予想を上回る反響があったため、値上げまでして販売を続けていたのだが、封印したのには大きな理由がある。

それは、この封印本を購入してくれたクライアントからの意見だった。

「この本を実践するのには、莫大な時間がかかる」

ノウハウ本の著者としては、この感想は致命的だと私は考える。

もちろん「実践する価値もない」と酷評を頂くよりも、莫大な時間をかけてでも実践していく価値があると賞賛し、こういった言葉をかけてくれたわけなので、ある種の充実感はあった。

その反面、インターネット活用に「スピード」は何よりも優先し重要とされるべき事項だと考える私にとっては、とても申し訳ないことをしたと思い、この本を封印し、そこから生まれる売上を私は捨てた。

本著は、その中に収録された「成果を上げるホームページの作り方」「ホームページ制作費を抑えれば、売上は上がる」というコンセプトの箇所を抜き出し、再構成したもの。

本書では、なぜ「ホームページ制作費を抑えれば、売上は上がる」のかを解説し、抑えるべきポイントとコストをケチっては結果が出せなくなってしまう『5つの禁忌』を紹介している。

世の中には「こうした方が良い」というような『最新テクニック』や『秘密のノウハウ』なる情報が溢れている。

しかし、既にあなたも感じている、このたぐいの情報は再現性に非常に乏しい。

そして、再現性の高いものに関しては、なぜか「陳腐な情報」と感じざるを得ない風潮がある。これはいったい何を物語っているのか…

インターネット活用、いや、インターネット活用に限らず、ビジネスを上手くいかせる上で「こうやると上手くいく」という事より、実は「やらない方が良い」ということを優先させる方が、スムーズで、且つスピーディに結果を出せる事がある。

そして、この「やらない方が良い」という情報は、少し立ち止まって考えると「あ~、だよね」と当たり前に感じられる事がほとんどだ。

しかし、昨今の情報社会の中、価値観も多様化し、この『当たり前の事』が当たり前と感じられなっている。

よく雑誌やテレビに取り上げられる成功した経営者が口にする事がある。

「当たり前の事を、当たり前にやり、それを人以上にやるだけ」

ただ、その「当たり前」が溢れんばかりの情報の中で見えなくなってしまっている。

そして、ひとつ間違えれば「より多くの人がやっている事=当たり前」と誤った判断をしてしまい、失敗者、脱落者、平均者の仲間入りをしてしまっている。

本書は、ここにメスを入れた。

本書の土台となった旧著の中から、特にホームページ活用の中から、理由や背景も定かでないにも関わらず、「当たり前」となってしまい、無駄なコストを費やし、成果の足かせとなっている5つの禁忌を紹介する。

そして、この禁忌を犯さず、コストを抑えてホームページを作成し、そして運営していく方法をご案内する。

本著では、これまでに大幅な(過去実績では制作費を5分の1まで圧縮した)ホームページ制作コストの削減に役立ち、売れるホームページを実現するための発案した「ホームページ企画構成シート」の手引書としても使っていただける。

(売れるホームページ5つの禁忌「まえがき」より)

この「ホームページ企画構成シート」は、本ページ最下部からダウンロードいただけます。

売れるホームページは、決して侵さない『5つの禁忌』

著者 松村工

こんにちは、HCM Next Connect代表の松村です。

あなたもこれまでに「売れるホームページの作り方」や「集客できるホームページのマル秘テクニック」と言ったたぐいの情報に触れたことがあるでしょう。

しかし、これらのたぐいを真似てみたところで、結果が出ない。

その理由は、表面的なテクニック以上に、これらの結果を出しているサイトには、決して侵すことのない5つの禁忌が共通してあり、そして見事なまでに、その戒律を守っているという共通点があるんですが、そこにはこれまで触れられることがほとんどありませんでした。

更に言えば、再現性の乏しいこういったテクニックやノウハウは、この『5つの禁忌』を回避する術が盛り込まれていないため、偶然、禁忌を犯さなければ成果が上がりますが、その偶然に出会うことができなければ、どれだけ、こういった最新のテクニックを盛り込んだところで、売れないサイトの仲間入りとなってしまう「ギャンブルテクニック」が多いわけなのです。

私は、冒頭の通り2015年に紙の書籍で換算すると860ページを超える電子書籍を販売しました。

おかげでこの書籍を通じサポートのご依頼を頂くこともできましたが、読んでいるはずのそのクライアントですら、旧書の内容で「覚えていない」箇所の方が多いと言う大失敗を犯してしまいました。

そこで、旧書を分割し、更に注釈や事例を加えるなどし、各パートの詳細を深堀したシリーズ本をリリースすることに決めたのです。

旧書のタイトルは「小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴」と言います。

このシリーズ本の第1弾としては、既にAmazon Kindleより発売されており、本書はこの「秘訣と墓穴シリーズ」の【第2弾】としてリリースされました。

ホームページの制作費を抑えると、売れるサイトが出来上がる

本書のタイトルは「【実録】売れるホームページ5つの禁忌」

成功しているホームページが決して侵すことのない『5つの禁忌』を紹介し、ホームページの制作費を抑えることが『売れるサイト作りに繋がる』ということを実録ベースでお伝えしていきます。もちろん、制作費をケチれば上手くいくという話ではありません。

そして、これまで制作費の予算を抑え続けた(過去実績の最高では5分の1にまで圧縮)「ホームページ企画構成シート」の詳細な使い方を解説し、あなたも本書を読み進めながら実際に、このシートを完成させることができるような構成になっています。

加えて、2015年に、この公式サイトで実際に行った「SEOサイト改修実録レポート」を読者の方限定でプレゼントさせていただきます。

目次・章立て

Part1:売れるホームページと5つの禁忌


はじめに
第1章:ホームページ制作費を抑えれば、売上は上がる
ホームページの制作単価を引き上げるサービスは当てにならない
ひとつのキーワードから大量のアクセス…これは危険

インターネット活用はSEOを中心に動いている
第2の禁忌を避けると得られるメリット
GOOGLEが仕込んだ「検索仕様」も崩壊する
商品ラインナップと販売戦略
ホームページ制作の要?「キーワード選び」
売れるホームページ「5つの禁忌」を避けるために

Part2:実践!売れるホームページ作り


第2章:売れるホームページは、こうして生まれる
ホームページで狙うキーワードは社内から見つける
会社のUSPはこうして作る
あなたが提供できる解決策は?
なぜ、あなたが顧客の悩みを解決できるのか【証明】
あなたが日々行なっているスキルUPへの取り組みを記録する
あなたから買うことへのメリットはあるのか
USPを組み立てる
USPからホームページのキーワードを抜き出す
【USPシート】から【キーワード抜き出しシート】を使う
キーワードの価値をGOOGLEに教えてもらう方法
キーワードプランナーのデータをカスタマイズする
必要最低限のキーワードを抽出する

ホームページ立ち上げ時に狙うキーワードは6つ
SEO解説本でよくある間違い
ローカルビジネスは、「●●+地域」か「地域+●●」をよく調べよう
軸キーワードの抽出
キーワード別に戦略を立てる
検索ボリュームより、有効検索ワード数
ホームページの構成を考える
ホームページの構成要素には2通りある。
トップページと3 OR 4つのテーマを決める
紛らわしい「●●構成」
ディレクションシートを完成させる
サイトタイトルの付け方
SNS用のタイトルとディスクリプションを設定する
ページタイトルの付け方
ページの説明文(ディスクリプション)の書き方
タイトル付けとディスクリプションでよくある大きなミス
ページレイアウトデザイン

Part3:実践!売れるホームページ運営


第3章:売れるホームページ運営法
売れるホームページに育てるブログの書き方6つの施策
ブログタイトルとページタイトルは使い分けよう
ブログディスクリプション(説明文の書き方)
ブログ記事の文字数とキーワード出現頻度
アーカイブページのSEO

更新頻度より記事の質が重要
ブログとSNSを連携させる
おすすめの自動連携と手動投稿の方法
ブログ記事カテゴリーの統廃合
タグ設定はどうやって使う?
売れるサイトの5大禁忌と売れるホームページ運営方法


売れるホームページ5つの禁忌

amazonkindleストアで購入する

書籍情報

フォーマット:Amazon Kindle
Kindle fireシリーズをお持ちで、Amazonプライム会員の方は、毎月1冊無料サービスをご利用になられることで、本書を無料でお読みいただくことができます。


書籍付録並びに読者プレゼント申請方法

本書籍内で解説している「ホームページ企画構成シート」並びに読者限定プレゼントの受け取りは下記の手順に従ってお申し込みください。

読者特典一覧

  • ホームページ企画構成シート(Microsoft Excel)
  • マニュアル(PDF)
  • 【実録】ホームページSEO改修レポート
    (PDF)
  • 36のSEO チェックシート
    (Microsoft Excel)

 

SEOレポートは2015年に、検索結果のパーソナライズ化、ローカライズ化、及び、AdWordsにおける「品質スコア」改善を目的とし行った、本サイトのSEO改修作業手順や考え方などをまとめた実録レポートになります。


尚、メールマガジンには登録されませんので、ご希望の方は別途ご登録頂くか、フォーム内チェックボックスのある「メールマガジン登録希望」にチェックを入れてください。

プレゼント受け取りの方法は以下の通りです。

  1. プレゼントを受け取るためには、本書をお読みいただいたご感想やご質問、または、下記のご質問への回答をコメントボックスから投稿してください。

    【読者様へのご質問】
    本書をお読みいただいて、一番参考になった内容はどんなことですか?
    あなたなら本書を、どんな方に読んでいただきたいと思いますか?

  2. 下記 》プレゼント申請《 をクリックし、申請フォームにプレゼント受け取り用のメールアドレスとコメントを投稿した際のお名前もしくはニックネームを入力いただき投稿したコメントのコピーを貼付け送信ボタンをクリックしてください
  3. ご登録いただいたメールアドレスに読者プレゼントをお送り致します

》プレゼント申請《

下記ボックスに本書の感想やご質問をコメントください。【匿名用コメント】にて投稿される場合は★5段階評価もよろしくお願い致します。

Amazonにてレビューをお書きくださった方は、下記いずれにもコメントは残さず、申請フォームにAmazonに投稿いただいたレビューをコピー&貼付け頂き申請ください。


 LINEで送る
書籍への評価

コメントをどうぞ

お名前 もしくは ニックネームでコメントが可能です。

  1. はじめまして
    いろいろ模索しながら、このサイトを知りました。
    さっそく読み返しながら勉強しています。

    0
  2. 第4弾まで読みました。色々な事例と合わせて
    紹介されておりわかりやすかったです。
    ありがとうございます。
    早速自分のサイトで取り入れていこうと思います。

    小手先のSEOテクニックにとらわれている方にオススメです。

    5

Loading Facebook Comments ...