ホームページ制作 SEO
カスタマーレビュー
 5つ星のうち:4.8

SEO、ホームページの制作・運営に必読の1冊

Googleのアルゴリズム変動に振り回されたくない方、SEOやリスティング広告を『代理店に任せてなんかいられない!』『代理店に任せて本当に大丈夫なのだろうか…』と言う経営者や起業家の方、もしくは、成果報酬型のSEOサービスに手を出してしまい、SEOペナルティからの復旧を考えている方へ。

2012年以降、パンダやペンギンと言ったGoogleのアルゴリズム変動に始まり、2015年6月にも何やら大きく検索ランキングを変動させるアルゴリズムの変動があったようです。そんな中、外注のSEO業者に頼んでも一向に検索ランキングが上がらないと悩まれていたり、もうこんな不安定なSEOとはおさらばする方法がないものかと、あなたは探されているのではないでしょうか。

もし、ホームページ制作会社や、SEO業者、リスティング広告の代行業者が、あなたに言えないことがあるとしたら…。もし、あなたに隠していることがあったとして、仮にその内容が明らかになれば、世の中で言われている「SEOは不安定だ」「リスティング広告は専門家に任せた方が良い」という一般常識と云う名の呪縛から解放されるのでは?とは思いませんか。

ーーー

突然ですが…

Googleの先を行くホームページ活用が、存在する」なんてことを、あなたは信じることはできますか?

SEOといえば、そのルールは今やGoogleが握っています。SEOが不安定と言われるのは、彼ら天才達が度重なるルールの変更やテストをするために起こっていると言っても過言ではないですし、ホームページを制作し運営する以上、SEOは必須命題として考えなければなりません。果たしてそんなSEOでGoogleの先を行く戦略なんて存在するのだろうか

【Googleの先を行くホームページ活用】が、もし存在すれば、SEOのルールとも言える、これらの変更が行なわれる度に、検索ランキングは上がり続けることでしょう。また、リスティング広告のクリック単価も下げることが可能になるでしょう。

きっと、あなたも、こんな噂を耳にしたことはあるでしょう。

大手企業のホームページでもないのに、数1,000ページもある大規模サイトでもないのに、いつもSEOに成功して、安定した上位表示を続けているホームページの噂を…。

そんなSEOで上手くいっている、リスティング広告の費用を削減して、ガンガン ホームページからお客を集め収益を伸ばしている噂のホームページ活用やホームページ制作の裏側、事例を知ることができたら、あなたのホームページに活かすことはできないでしょうか。

もちろん、昔話ではなく直近の事例や今後、そんなホームページ制作で成功し、最速SEOを実現したホームページの事例、SEOのリニューアルで検索ランキングを引き上げたり、SEOペナルティから復旧した具体的な事例を手に入れることができたら…

書籍の説明

もし、あなたがビジネスにホームページを使って

 SEOで安定した集客を実現したい
 リスティング広告の費用を少しでも安くしたい
 検索ランキングで1位を取りたい
 GoogleのSEOペナルティから復旧したい
 ホームページの制作費を安くしたい

と言ったことに興味があるのなら、この本はあなたが今まで読んだ中で最も役立つものになるでしょう。なぜなら、あなたのホームページが巷に氾濫している荒唐無稽なSEO情報に惑わされ、不運にも間違った施策を行なってしまっている詳細な箇所を知ることができ、具体的なSEOの改善策やホームページ活用の方法がわかるからです。

SEOが不安定だとか、SEOには時間がかかるということは、あなたも耳にされたことがあるでしょう。SEOとは検索エンジンに最適化すること。検索エンジンと言っても現在のシェアを考えればGoogleの検索エンジンの仕様に最適化させることがSEOと言っても過言ではないでしょう。そして、おそらくこの検索エンジンの仕様は、今後、Yahoo!やMicrosoftのBingがシェアを伸ばしてきたとしても、必ずと言っても良いほど応用が利くことでしょう。

なぜなら、Googleは「顧客(検索ユーザー)」にとって最適な検索体験を提供することを目的としているからです。

そう、このことを踏まえた上なら、どんなテクニックを使っても、SEOで失敗することはありませんし、SEOアルゴリズムが変更されたとしても、その度に検索ランキングは上昇し、アクセスと顧客をあなたのホームページに連れてきてくれます。

そんな、ホームページ SEOの「怪しい話」は聞き飽きた!と感じたのなら…

私が初めてホームページを作ったのは1998年だったかと思います。その後、健康食品の通信販売サイトや、アフィリエイト用のホームページ、工務店勤務時代は勤め先のSEOを見直したり、個人でもホームページを立ち上げファイナンシャル・プランナーとしてSEOを使ったネット集客を実践してきました。

その後、SEOの成果、ネット活用の成果が実を結び2010年に国内でも有名な通販コンサルと一緒に仕事をするようになりました。2012年にはSEO業界の権威ある資格を取得し、そのまま関連のSEO団体で理事を務めました。そして、現在までにSEOやホームページ制作のサポートを行なってきた業種は100種を超え、本書を執筆するまでの5年間、忙しさのあまり放置状態になっているホームページは増える一方です。

このホームページもその内の1つですが、未だにいくつもの検索キーワードで検索ランキング上位表示を維持し続けていますし、ブログを書けば数時間後(早いときは数分後)に検索ランキング上位にインデックスされる状態を作り出しています。

このホームページとは別に「記事代行」というWEBサイトも運営していますが、こちらは2013年の更新を最後にほとんど手を加えていませんが、未だに安定的なSEO効果を発揮し、様々なキーワードで検索されお問い合せやご依頼を獲得しています。

これは、SEO、ホームページ制作業界への【挑戦状】です

ここで、ひとつあなたに質問です。

「あなたは、ホームページに何を望みますか?」

それは、スタイリッシュなデザインでしょうか…。それとも、社員みんなが誇らしげに自慢したくなるようなホームページ?それとも、最先端の視覚効果が仕込まれた「クリエイティブな」ホームページ…?

ハッキリ言っておきます、そんなものを望む方に本書は必要ありません。本書でお伝えしているのは、売上を上げるためのホームページの作り方と育て方。そしてそのために必要になってくるデザインに関する話です。

「Design(デザイン)」という言葉を「美術的要素」としてだけ捉えてもらっては結果を出すことは難しいでしょう。もちろん、機能性に優れたデザインは視覚的にも優れていることは「黄金比率」という言葉からも多くの方がご存知でしょう。本書を通じて「ホームページをデザインする」とは、「絵的な要素」の話ではなく「企画」や「構成」「閲覧導線」などに関することだということを抑えた上でお読み頂き、そして実践していただきたい。

多くの一般書籍や広告の中には、自分が居る業界を凶弾し、自分の見込み客に業界の腐敗を暴露し「私なら大丈夫です」的なメッセージを伝え、顧客を獲得しようとする陳腐なものが増えています。

そんな、ヒモ付きセールの書籍だと本書を捉えられているようでしたら、その予測は大ハズレです。

本書は、改訂版のスマートブックです

本書は、2015年にA4サイズで300ページ、20数万文字を超えていた書籍の改訂版としてAmazon Kindleから発売されることになった、改訂版スマートブックです。

元来スマートブックとは、パソコンのモデルを表す用語として使われていましたが、2015年に電子書籍業界に参入し、電子書籍の特徴やAmazon Kindleのサービス仕様などから、私自身が感じたe-bookの特性を引き上げる要素を盛り込む電子書籍モデルとして生み出した造語です。

現在はVer.1.0のスマートブックですが、本書を通じて、あなたはこの新しい電子書籍モデル「スマートブック」を体験することができるでしょう。

そして、このスマートブックという電子書籍が、本書内でも紹介しているホームページSEOやネット集客に大きな成果をもたらす点を、あなたは体験として身につけることができ、そして、それほど遠くない将来、あなたもこのスマートブックを活用できるようになることでしょう。

目次・章立て

序章

改訂にあたって
プロローグ
お利口さんじゃ本当のことは語れない

第1章:なぜ、お金を出しても「売れる」ホームページができないのか

ホームページへの幻想と真実
制作会社にSEOや売上を求めても結果が出せない理由
制作会社をクライアントに持ったこぼれ話

第2章:小さなサイトの儲かる秘訣

売れるホームページの作り方
移り変わりの激しい「売れるサイト」の仕様
専門サイトの落とし穴
なぜ、専門サイトはコンテンツSEOで死滅するのか(事例)
専門サイト&更新頻度は逆効果(大きなサイトが掘る墓穴①)
小規模サイトのススメ
10ページサイトでもBig Keywordを設定する
SEOと上位表示を混同すれば将来はない
ちょっとマニアックな話
Where is 自然検索
Googleも進化したしFacebookもありがたい存在

第3章:売れるホームページ制作手順

ホームページの目的を明確にする
ホームページとは、セールスを行う「システム」だ
ホームページ企画構成シートを使って戦略を具体化する
ホームページは商品を売るために存在するのではない
あなたにとって最も都合の良い顧客像というものを明確にする

第4章:大きなサイトが掘る墓穴

3,000ページのサイトで14万アクセス。でも利益が残らない
システム依存ビッグサイトで欲をかくと掘る墓穴

第5章:ホームページ自社作成&自社運営のススメ

これからは、WEB対策チームが社内に必要
あとがき


紙本だけの特別章

第6章:小さなサイトの儲かる秘訣にレバレッジをかける方法

サイト内テーマの崩壊スピードが上がった
Googleの限界
WEB上に存在する、もうひとつのGoogleの限界
Googleが絶対に手出しができない『第3の領域』

第7章:小さなサイトが Google の「向こう側」で儲かる秘訣

Google の向こう側で活躍するもうひとつのツール
ネット検索を使い倒せ

電子書籍ではない、本書の一般書籍(紙版)では、第6章と7章の追加以外に、改訂に当って、及び「あとがき」を改めております。


ホームページSEO

書籍情報

書籍タイトル:小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴
フォーマット:Amazon Kindle
著者:松村工


一般書籍版

書籍タイトル:小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴
フォーマット:オンデマンド(ペーパーバック)
著者:松村工
ISBN-9784908854002
128ページ
発売日:2016年6月10日

秘訣と墓穴


著者紹介

松村 工松村 工(まつむら たくみ)

福岡県在住のホームページ活用の専門家

ホームページを使った集客、セールス、リピート顧客創出を得意とし、SEO、リスティング広告、SNS活用、リアル戦略を組み合わせたコストパフォーマンスの高い事業戦略、販売戦略の立案と実践に定評がある。

1998年に初めて自作のホームページを作ったことに始まり、自らも健康食品、工務店、ファイナンシャル・プランナーとしてのホームページを運営し、どれもSEOを中心とした戦略で成果を上げる。
2010年に起業後、リンクSEOが全盛だった時代にコンテンツSEOのみで業界を席巻し、一躍TOPに躍り出た後、あまりの不毛さにSEO業界を去る。その後、マーケター、セールスライター、コンサルティングとして活動し、2015年より精力的に執筆活動をはじめる。セールス、SEO、価格戦略、マーケティングの分野を中心に著書を持ち、100業種以上のホームページ活用改善に貢献している。クライアントには大小さまざまな規模の通販事業者や個人起業家、SEO会社、ホームページ制作会社などがある。

読者特典「ホームページ企画構成シート」の受け取り方法

本書では、読者限定のプレゼントを行っています。

改定前の前作でもご好評をいただき、ホームページの制作やリニューアルを制作会社に依頼する際に大幅な費用削減を実現した「ホームページ企画構成シート」を無料で受け取っていただけます。

プレゼント受け取りの方法は以下の通りです。

  1. プレゼントを受け取るためには、本書をお読みいただいたご感想やご質問、または、下記のご質問への回答をコメントボックスから投稿してください。

    【読者様へのご質問】
    本書をお読みいただいて、一番参考になった内容はどんなことですか?
    あなたなら本書を、どんな方に読んでいただきたいと思いますか?

  2. 下記 》プレゼント申請《 をクリックし、申請フォームにプレゼント受け取り用のメールアドレスとコメントを投稿した際のお名前もしくはニックネームを入力いただき投稿したコメントのコピーを貼付け送信ボタンをクリックしてください
  3. ご登録いただいたメールアドレスに読者プレゼントをお送り致します

》プレゼント申請《

下記ボックスに本書の感想やご質問をコメントください。【匿名用コメント】にて投稿される場合は★5段階評価もよろしくお願い致します。

Amazonにてレビューをお書きくださった方は、下記いずれにもコメントは残さず、申請フォームにAmazonに投稿いただいたレビューをコピー&貼付け頂き申請ください。


 LINEで送る
書籍への評価

コメントをどうぞ

お名前 もしくは ニックネームでコメントが可能です。

  1. なかなか信じがたい話が多くて驚きの連続でしたが、これまでにないSEO本で大変勉強になりました。シリーズ本も合わせて読みたいと思います。続編も楽しみです。

    5
  2. ホームページの運営に行き詰まっていたので視界が開けた気持ちです

    5
  3. 第2章、第3章を読んで今までの間違えがわかりました。あっという間に読んでしまいました。今からこれだけは抑えておきたいネット集客3つのポイントも購入させて頂きます

    0
  4. 新しい視点でホームページ制作を考えられるようになりました。

    5
  5. ネット集客に活用したいです。

    5

Loading Facebook Comments ...