上位表示の秘訣 その2 ランク

上位表示の秘訣1の「リンク」をサポートするのは、秘訣2の「ランク」。しかしGoogleは2013年春以降、ページランクの更新を行なっておらず、ページランクが廃止されるとの噂も流れています。その補佐的評価指数としてSEO-MOZが提供する2種類のAuthorityがありますが、これもまたGoogleの評価とは直結しないという欠点も持っています。

しかし、ページの質やドメインのAuthority(権威)は、秘訣その1の被リンクから割り出すことができます。

今後検索エンジンが「バッシングリンク・アルゴリズム」なるものが生まれ、批判や炎上に伴うリンクをサイトの評価を下げるリンクと判断するアルゴリズムが生まれたり、現在より精度の高いリンク種別の判別が行なわれるアルゴリズムが誕生し、紹介リンク、引用リンク、単なる相互リンクなどを判別できるようになるような仮説を立てることも可能ですが、結局は秘訣3や4で紹介するコンテンツの質やアクセスの質に対する追跡には個人情報などの制限がかかってくるためリンクによるサイトランクの評価基準は現在のページランクのように視覚化できるか否かは別として、今後も適切なSEO対策としての自然検索上位表示としても2番目に重要な要素と言えるでしょう。

seo対策で被リンクを効率よく増やす方法

 コストをかけず、なおかつスピーディーに、それでいて安全にseo対策を行ない、被リンクを増やしたい。そう思われている方は少なくないことでしょう。

seo対策で被リンクを効率よく増やす方法は、これまで相互リンク集をサイト内に増設したり、ヨミサーチなどといった小規模検索エンジンに登録し被リンクを獲得する方法が一般的に良く知られるseo対策でした。

しかし、これらのseo対策はリンクファームと呼ばれGoogleから嫌われる被リンクの種類に分類されるようになり、営利目的だけのディレクトリサイトまで駆逐されるようアルゴリズムは進化してきました。

それは、なぜか!

ポイントはここにあります。
なぜ、それまではseo対策に有効だった相互リンク集サイトや小規模検索エンジンへの登録による被リンク獲得がseo対策の効果を得られなくなってしまったのかということをひも解くことで、今後のseo対策で被リンクを効率よく増やす方法をご自身で見つけ、また自作できるようになるわけなのです。

では、かつてseo対策として、とても有効だった相互リンクサイトやヨミサーチをはじめとするリンク集サイトからの被リンクが効果を失ったり、マイナス効果だといわれるようになった決定的な要因をご紹介しましょう。

seo対策効果を失った被リンク群の理由

seo対策効果を失ってしまった被リンク群を見ていくと、それらのリンク集サイトをコンテンツレベルで見ていくと、答えは簡単に見つけることができます。

それは、ほとんどのリンクファームと呼ばれるホームページは、コンテンツレベルで見た際、seo対策的にはペナルティ行為とまでいわれるコピーサイトの部類に属する内容である確立が非常に高いという点が、第一に挙げられます。

また、1ページ内のコンテンツ内容が発リンクばかりの「サイトマップ」的なページになっており、情報的には何の価値も持たない状態になっていることがほとんどです。

(サイトマップを検索結果に万が一表示されたシーンを想像していただければ、この類いのページがseo対策的に質の低いコンテンツと評価されていることは想像に難くないと思います。)

リンク集ページ、サイトマップ自体も、外部サイトや内部ページを紹介しているページなので、情報的価値はあるのではないかと考える方も少なくないでしょうが、仮にこれらのページが上位表示した場合、ユーザーは検索結果の10ないし30件の中から、欲求に該当しそうなホームページにアクセスし、そのアクセスしたページで再び20も30ものリンクの中から、ほとんどリンク先の情報を掲載していないリンク群の中から、また移動先を選ばなければならないという状態に陥ってしまいます。

これでは、検索ユーザーは単純に検索エンジンが返した検索結果リンク集から個人が作成したリンク集に移動しているだけで、ユーザーにとってこのようなホームページが良質と判断され、上位に現れたのでは不愉快でしかありません。

そのため、こういった被リンク元というだけのページやサイトの質を下げるアルゴリズムを持つようになっています。これは、被リンクに関するアルゴリズムもトップシークレットのひとつではありますが、検索エンジンの果たすべき目的を考えれば、こういった被リンクに関するseo対策のルールを設けることは容易に想像することができる上に、実際にそれらの被リンク効果が薄れていることからもその存在を察することは可能です。

そして、これらのサイトマップ風ページの集合体であるホームページに掲載された紹介文などは、同じ場合がほとんどで、これらをコピーコンテンツと認識されれば、コピーコンテンツはページの質を認められることはありませんので、被リンク元として適切ではなくなり、その被リンク効果は失われて仕方ありません。

では、これらを踏まえて、seo対策効果を上げる被リンクを最速で安全に獲得する方法はと言うと、次にご紹介する方法が、現在最も安全で、比較的効果のある手法として実践を続けています。

seo対策に有効な被リンク元の条件

被リンク対策seo対策に有効な被リンクを集める最速の方法をご紹介する前に、有効な被リンク元の条件をご紹介します。

いうまでもなく、サイトでも、皆さんにseo対策に有効な被リンク元として使っていただけるように、下記に挙げる条件を全て満たす形で運営されています。

有効な被リンク元の条件

  1. 直帰率を抑えるサイト構成
  2. オリジナルのコンテンツページがリンク集ページ以上に豊富である。
  3. リンク集ページのテキスト部分が定期的に更新されている
  4. 1ページからの発リンク数が抑えられている
  5. 定期的に情報満載のコンテンツページが追加されている

これらは評価されるホームページの最低条件ですが、冒頭で紹介したリンク集サイトとは一線を画した要素が詰まっていることを感じていただけることでしょう。

もしかすると、このホームページが「被リンク元提供のため」seo対策のために作成運営されているホームページだと、このページをお読みになるまでは気付かれなかった方も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、これだけの情報量を掲載しているホームページですので、このサイト自体にもseo対策は施していますし、被リンクもたくさん獲得しています。

このようなホームページを複数所有し、サイトのコンテンツ内容を少しずつズラしながら、seo対策用の被リンク生成サイトを多数運営すること、またはそういった被リンク形成サイトを運営しているseo対策会社からの被リンク支援を得ることが、今後も安全で安定した被リンクからのseo対策効果を得る秘訣となります。

seo対策に有効な被リンクを最速で獲得する方法

では、seo対策に有効な被リンクを最速で獲得する方法をご紹介しましょう。

その方法は、自作です。

ただし、新規ドメインを取得するのではなく、オールドドメインというそれまで他人が運営していたドメインを何らかの方法で購入、入手し、自社サイトにとってseo対策上有効な被リンク元となり得るコンテンツを有したリンク集サイトを作ることがもっとも、最速で安全に被リンク元を確保できると言えます。

このオールドドメインは、オールドドメイン販売や中古ドメイン販売などで検索すれば、販売サイトを見つけることはできますが、どういった古いドメインがseo対策的にも、御社のホームページに有効な被リンク元として価値のあるドメインかを見極める基準を知らなくては、全く意味がありません。

では、その基準を調べる方法を次のページでご紹介しましょう。

リンク seo

link-basis02-gray

ブログリンク seo