上位表示の秘訣 その1 リンク

SEOとは「検索エンジン最適化」検索エンジンはより世の中から評価される優良な情報を検索ユーザーに提示したいという願望を持っています。ヒトの要望というものは複雑な条件と行動を伴って具現化されるためプログラムでこれを抽出するのに、これまで検索エンジンは私達の想像を超える程の頻度で進化を遂げてきました。しかし「リンク」が示すシンプルなこの役割を明確に分類することは今後も検索エンジンの永遠の課題となることでしょう。その結果、私達ウェブマスターは今後ますます適切なリンク供給が要求され、不適切なリンクファームなどに頼ったスパム的なリンク seoからの脱却が求められます。

検索エンジンが、意図的なリンク構築を嫌うには先述のような理由があります。冒頭ページのSEO対策の項でもお伝えしている検索エンジンのルーツなどを抑えるとやはり適切なSEO対策、純粋で堅実な自然検索上位表示対策においても「リンク最適化」という視点に立ったSEOは今後も必須事項になってくるでしょう。

リンク seoのための適切な作業手順

 リンクはseoから外せません。

これは、2012年色々と騒がれましたが、10数年来コンテンツseoだけで上位表示を達成してきた経験と実績をからリンク seoを分析しても、スピード、seoパワーにおいて、リンク対策をseoの施策から切り離すことはありえません。

ただし、リンクだけのseoが効果的かと言うと、それはあり得ません。なぜなら、効果のあるリンクを形成している、生み出しているのはコンテンツだからなのです。

リンクを送るにしても、設置するページ(コンテンツ)が必要ですし、良質なリンクであり続けるには、良質なコンテンツとしてそのページがあり続けなければなりません。

しかし、そこにイレギュラーを起こしてくれる要素があります。それがページランクと中古ドメインの関係です。

 ホームページ seoの秘訣その1として、冒頭には黒と白の帽子を掲載し、ブラックハットseoとホワイトハットseoをイメージさせ、テクニック論的なリンク seoのテクニックをお伝えすると嫌われてしまうかもしれませんが、これからご紹介する、施策を適切に行なえば、下記のようにホームページを立ち上げ1週間以内に検索結果1ページ目にランクインし、アクセスと収益をもたらすことは可能です。

そして、先に結論を申し上げますが、アクセスと滞在時間、加えて収益をもたらしているサイトというのは、有益なサイトとして評価されます。例え、そこに向かう課程でブラックと呼ばれる手法を用いたとしてもです。最適なseoの対策を知ることで、このホームページのキャラクターのように、黒い帽子から白い帽子に被り返ることなど雑作もないこととなるのです。

実際には、リンクだけのseo自体をブラック手法だと思っていますので、こういった表現を使っていますが、スパムや偽造と言った正真正銘のブラックなseoを行なった後で、キレイに塗り替えることは、これまで3桁以上のseoペナルティ復旧相談を受けてきましたが、不可能と言うか、時間と労力の無駄だといえます。

加えてこれらのスパム行為からは、何も生まれませんし、そういった倫理に反する意識のもとユーザーに対してだけ適切な情報を与えると言う倫理を貫けるとは思えませんので、正真正銘のブラックなリンク seoに関しては、私も絶対やるべきではないという立場でseoを行なっております。

適切なリンク seoの構造

リンクseoの成果事例
リンクseoの成果事例

適切なリンク seoを実施する際には、ホームページ閲覧者に対して、伝えるべきテキストと画像などのコンテンツがあることが最低条件です。これを「土台を整える」といいます。

この土台を整えた上で、まず実施すべきリンク seo施策は、内部リンク seoです。

サブページからTOPページに戻る際のリンクにおいて、アンカー及びaltテキストには、「TOP」や「HOME」は適切とは言えません。

サイト内で最も多くの被リンクを集めるのがTOPページですので、そのリンク先の概要を表すアンカーやaltテキストを相対的な意味合いでのTOPやHOMEは、不適切と言えます(今後変わり行く可能性は大きい手法ですが)。これは、他のページにもいえることですが、サイト内リンク seoを実施する際には、そのページページで狙っているキーワードで一番多くリンクされるようにしましょう。

次もサイト内リンク seoですが、TOPページに記載した代表からのメッセージや、サブページで詳細を言及している内容に触れることも多いかと思います。例えば、このページでリンク seoのことについて触れていますが、別ページでは適切なリンクについて、seo リンクのページで解説しています。適切なリンク seo構造をお伝えするためには、適切なリンクに付いて知っておいていただく方が内容も理解していただきやすいですので、文中にリンクが設定してあります。

(尚、本ホームページでは本文中から別ページへの移動は情報伝達が散漫になるという考えから、文中のテキストリンクも他のテキストと変わらないスタイル設定(配色)を行なっております。該当箇所にカーソルをあわせていただくとクリック可能です)

このように1ページには1つのテーマでコンテンツを作成し、関連し合うテーマの記事同士は本文の中でリンクし合うと言ったo構造を構築するのが適切な内部リンク seoといえます。

また、細かな内部リンク seoを行なう場合は、リンク属性を表すrel属性を活用しその意味合いを正しくロボットに伝えるなどの方法もあります。下記は他社が運営しているサイト様をご紹介させていただいております。(rel属性とは)

内部リンク seoで忘れては行けないのは、発リンク数とページのリンク構造から見た親子関係です。1ページから他ページや他のサイトのリンクを貼る、発リンクの数は100個以内であればという話を聞きますが、私の経験からすると、この発リンクを掲載しても良い数はコンテンツの情報量に比例するという見解を持っています。

1つのページは1つのテーマで書かれていますが、このページは3段落から構成されています。そうすると各段落から関連する他のページや他のサイトへ引用リンクが発せられることは、不自然なことではありません。

また、フッターやサイドバーに掲載するサブメニューに関しても、一般的なホームページ構造では同様のサブメニューが掲載してあり、この部分はサイト内のコピーコンテンツとなりますので、このメニュー項目にあるリンクの数が多いようなら、テキスト量を増やすなどの施策が必要です。

しかし、1ページに数万語ものテキストがあることはページ内テーマの飽和が起こり、ユーザーにとっても有益な情報ページとは言えませんので、1ページからの発リンク数が多いからと言って、無尽蔵にテキストを増やせばリンク seoの効果を高めることが出来るというあさはかな考え方は通用しません。

seoに効果的なリンクの貼り方

 内部対策におけるリンク seoの次は、リンクの貼り方です。

画像でリンクする場合はALTテキストは重要になります。私はそれ以上にテキストによるリンク seoを推奨します。また、リンクの掲載位置ですが、ソースコードレベルで上部、加えてより左側(行の先頭)にあるのが好ましいですが、やはりここでも不自然な状態で上部にリンクがあることはリンク seoにとってマイナスと言わざるを得ません。

関連する文章内で可能な限りソースコードレベルで上部に位置する場所にリンクを掲載するのが良いでしょう。

ただし、そういったリンク掲載場所を無数に確保できたとしても、それはサイト内であれば非常に不自然ですし、外部ホームページでそういったことは起こり得ないでしょうから、100も200もの同一の形式でリンク掲載を行なう場合は、掲載する場所を変えることをおススメしています。

また、外部リンク seoを自作で行なう場合は、それらの作業を一気に行なうのではなく、時間軸をズラしながらリンクを増やしていくことがseo的にも有効です。

更に中古ドメインのページでもお伝えしていますが、中古ドメインなどを使いながら、運営歴の古いドメインからの被リンクを獲得したり、時には新規ドメインでのサブサイトを作成し、比較的年齢の若いドメインからの被リンク先を増やすなどの工夫が必要ともりえますが、これらはあくまでもテクニカルな内容ですので、よりナチュラルなリンク構築を行なうSEOを実戦するためには、秘訣3のブログリンク SEOの実践が大きな役割を果たすと言えるでしょう。。

最後にリンク seoを新規ドメインサイトで行なう場合や、新規ドメインのサブサイトからリンクを送る場合は、ページランクが付いていませんので、そういった場合は「引用リンク」を象るために、直接的に関連するページの本文からリンクを供給しましょう。そうすることで、若いURLからのリンク seoでも、被リンク効果だけではないポイントを加算される有益なリンク seoに繋がる施策として、そのページを育てることにも繋がります。

リンク seo

seo対策 被リンク

ブログリンク seo