モバイルリサーチ

インターネット調査

インターネット調査のリサモビを公開いたしました。詳細や最新情報は専門サイトをご覧ください。

モバイルリサーチ | 市場調査+SEOサポート

モバイルリサーチ

既に55万人以上が登録していて、このモバイルリサーチシステムに200社以上が加盟しており、日々会員が増え続けているモバイルリサーチシステムを使い、格安で市場調査を実施します。

モバイルリサーチで、なぜ売上を倍増できるのか。
本当に、市場調査が売上改善に導いてくれるのか…果たして費用対効果はどうなのか?

こんな疑問をお持ちの方は少なくないことでしょう。
これまでのリサーチでは、皆さんがお考えのような不安はぬぐい去れないのが実情でした。
なぜかと言うと、特にネットリサーチの場合はリサーチアンケートに答えることを目的に集まった人々が、アンケートに答え続けることでポイントやお金をもらうためにリサーチに参加するという現状を崩しきれなかったので、生の声を聞くことはできませんでした。

モバイルリサーチ3つのポイント

松村工ドットコムが採用しているモバイルリサーチシステムには、他には無いリサーチ精度を上げるための3つの強味でお客様の集客や新商品開発、売上向上にお役立ていただけます。

1つ目の「 オーガニックリサーチ 」

リサーチ母集団は、 アンケートに答えることで報酬をもらう目的に集まった母集団ではなく、テレビ東京をはじめとする巨大メディア(新聞社など)をはじめとする200社を超える会員企業それぞれビジネスの現場で募集したモバイル会員がリサーチに答えます。いわば、リサーチアフィリエイター(リサーチに応えることで報酬ももらうプロ)が回答するのではありませんので、街頭調査に近い自然なリサーチ結果を得ることが可能なのです。

2つ目の強味「 モバイルリサーチ 」

モバイル向けメールマガジンとパソコン向けのメールマガジンの開封率の差からも、その回答数やリサーチデータを収集する時間コストを大幅に削減することができます。この結果、貴社のリサーチ依頼に迅速に対応することができいち早い次の一手を御社は仕掛けることが可能になります。

この他、パソコンの前に腰を据えリサーチアンケートに答える場合と、携帯やモバイル端末から日常の隙間時間に回答する精神状態をイメージして頂いても普段着的な自然なリサーチ回答を得られると言えます。

モバイルリサーチの強味、3つ目の「パイルアップリサーチ」

リサーチの積み上げが可能だと言う点です。通常のリサーチには1,000人に対し10問の設問で36万円ほど費用が必要で、1つ目のリサーチ結果を受け、浮かび上がった仮説をもとに次のリサーチを行うということが費用面からとても困難でした。また、リサーチの実施数を増やすことで1回あたりのリサーチコストが上がってしまうため、比較的割安の設問数を増やすことで多くのデータを取ると言う方法がこれまで実施されてきました。しかし、設問の多いリサーチには回答者は疲弊してしまうということは想像に難くないでしょう。

これまでは、1,000人に対し、10問の設問で36万円。15問なら50万円。設問数7つのリサーチを受けた後に設問数8つのリサーチを行うと、36万円が2回で72万円。リサーチコストを抑え設問数15のリサーチを行えば、多過ぎる設問数に回答者は疲弊するか、回答者を1,000人獲得するまでに時間がかかってしまう、逆に設問数を減らし回答者のストレスを考慮すれば、多額のリサーチ費用が必要になってしまう。こういったリスクを軽減するためにモバイルリサーチサービスでは、小規模リサーチはもちろん、パイルアップリサーチを念頭に置いた戦略的リサーチサービスをご提供させていただいております。

モバイルリサーチ価格表

リサーチサンプルFree*:2週間~3週間のリサーチ期間を設け、回答者数の制限を設けずにリサーチ終了日を基準に市場調査を終了いたします。回答者数1,100人を超えない場合は2万円をキャッシュバック。

これまでのリサーチ実績から設問数は「7問」で設計することを推奨しています。

パイルアップリサーチとは

パイルアップリサーチと言う言葉を聞くのは、もしかしたら初めてかもしれません。

「Pile up」これを日本語に訳すと「積み上げる」「重なり合う」と翻訳することができます。

パイルアップリサーチと言うのは、例えば1回目のリサーチ結果から浮かんできた仮説をできる限り初回リサーチ実施日から期間を開けずに実施し、リサーチデータの精度を上げるリサーチ方法です。

通常のリサーチで実施する設問数をCRESTでは「人は7を上回る数に対し『多い』と感じる」という心理学説に基づき7問を推奨しています。

また10問を超える設問数のリサーチでは、回答者にストレスがかかりリサーチ精度が落ちる可能性があると言われます。もちろん、多くのリサーチ会社料金表を見ていくと、より多くのサンプル数と設問数を設定したリサーチの方が料金は割安ですが、回答する側にとって多くの設問数は、リサーチに応えるプロでない一般の人々にとっては苦痛となりリサーチを行う本来の目的を全うできないというデメリットが生じてしまいます。

そこで、CRESTでは、リサーチデータの積み上げを行い更に具体的な戦略や商品開発が可能になるようリサーチ価格の設定をさせていただいております。また、2週間以内のパイルアップリサーチお申し込みの際は、パイルアップ価格にてリサーチの実施を行っております。

モバイルリサーチに関するご相談やリサーチ結果をどのようにネット集客に使えば良いかのご相談は無料です。下記ボタンから特設サイトをご確認ください。

*特設サイトに移動します