ネット集客はどこまで突き詰めるべきか

96
ネット集客をどこまでやるべきなのか

ネットを使った集客や情報発信を20年ほど続けてきましたが、今回、マーニクリエイティブエージェンシー様のご好意により、今、もっとも早く、費用対効果もよく、そして安定しているWEB活用の方法をセミナーというカタチでお伝えさせて頂きました。

ネット集客を学ぶよりも重要なこと

今、もっとも安定していて、実践するための費用対効果も高く、そこに投じるための資金の回収も早い方法のひとつとして、今回はデジタル出版という方法についてお伝えさせて頂きました。

ネット集客を極めようとすれば、とてもたくさんのことを学ばなければなりません。しかし、すべてを学ぶ必要はないというのも事実です。

例えば、ネット集客を実現させるためには、検索経由のアクセスを獲得する必要があります。

これには、検索エンジン最適化や、検索ランキングの上位表示対策、セールス・ライティングにリスティング広告。セールスページのA/Bテストなどのスキルを高める必要があり、フロント商品からバックエンド商品に繋げる「2ステップ・セールス」などのテクニックも必要になってくるでしょう。

この他にも、SNS経由のアクセスを集める方法もあります。

SNSと一口に言ってもFacebookのユーザー層とTwitterのユーザー層は異なりますし、FacebookとLINEを使う感覚は大きく異なります。

この他にも、OFFラインからホームページやSNSにアクセスを実行させ、顧客に転換するという『ネットに集客するという導線』もあります。

それぞれの、特性を把握し、そこに潜む潜在顧客をどうやって発掘し、顧客に転換するかなど、非常に学ぶべきことはたくさんあります。

しかし、すべてを駆使してネット集客に取り組む必要はないと、私は考えています。(因に、私もすべてを100%駆使してビジネスを行っているわけではありません)

重要なことは、
あなた自身の顧客とあなたのビジネスに最適な顧客獲得の導線をネット上で見つけること。

ただ、ここでも、そのあなた自身の顧客とあなたのビジネスを進展させる上で最適な導線を見つけるために何から始めれば良いのかを迷ってしまい、結局、多くを学び過ぎ、混乱を招いて…となってしまっているのではないでしょうか。

すべてをカバーする導線が生まれた

ネット集客を成功させるためにも、検索経由のアクセスを獲得するためにも、あなた自身のウェブサイトがあることは、大前提です。

という考えは、実は過去のものなのです。

ただ、SNS経由のアクセスを獲得するためには、SNSのアカウントが必須です…というのも過去のもの。

実は、今のインターネット事情を広い視野で見つめると、インターネットでアクセスできるコンテンツさえ、あなたが持っていれば、検索経由だろうとSNS経由だろうとネット集客を実現することが出来ます。

それが、デジタル出版なのです。

デジタル出版を電子書籍出版だと捉えてしまうのも、実は過去のお話。これ以上はセミナー主催者から公開することを控えるように釘を刺されていますので、ブログではお伝えできませんが、デジタル出版をあるプラットフォームを使いリリースすることで、「著者」というブランドがまずあなたに降りてきます。

そして、このプラットフォームは、あなたに変わって、きっとあなたが学んで身につける検索経由のアクセス獲得より数段上のスキルを発揮しアクセスを獲得してくれます。

これは、検索経由だけではなく、SNS経由でも同じですし、スマートフォンのアプリからもアクセスを集め、メールマガジンからのアクセスも集めてくれます。

出版がWEBサイトに変わる時代が到来した

あなたがデジタル出版を実施することで、そして、このプラットフォームを使ってリリースすることで、その出版物があなたの「ホームページ」に変わる存在となります。

ドメイン費用も必要なければ、レンタルサーバーを借りる必要もありません。

そして、この「出版をする」という過程の中で、冒頭で紹介したネット集客を極めるために必要なことを、それぞれ経験することが出来ます。

もちろん、「出版」という表面だけをさらっても、なぜ、そうなるのか…ということを理解頂けるとは考えていません。ただ、ひとつひとつを個別に学んでも、それを組み合わせたり統合するスキルはまた別のスキルです。まずは、全体像を学び、そして、そこに含まれるパーツを理解していく。

その中から必要なパーツのスキルだけを伸ばして、あなた自身のビジネスに対する影響をチェックしていくわけです。

先ほど、主催者から連絡がありましたが、出版に関する問い合わせが参加者様から届いているそうですので、しばらく同じ内容での講演は出来なくなってしまうかと思います。最新のデジタル出版に関するセミナーに関しては、先のリンクをクリックしてください。