WordPressの高速化とAMP

1159
WordPressの高速化

WordPressの高速化が求められるようになって、もう何年も経ちますが、WordPressの高速化に限らず、WEBサイトの表示速度改善に関してはここ数年、様々なフォーマットが登場してきました。

そもそも、ホームページが重くなる(開きにくくなる・表示するのに時間がかかる)原因は、そのホームページを構成する要素だったり、サーバーの仕様、通信回線や閲覧端末の仕様によって影響を受けるのですが、WEBサイトの管理者、制作者側としては、これらの内、改善できるものは改善し、後は閲覧ユーザーの環境に委ねるという最低限の準備が必要になってきます。

そこで、昨今話題の「Google PageSpeed Insights」や「GTmetrix」を使って、WEBサイトの高速化もしくは軽量化を測定しながら、これらを改善する技術として挙げられる「AMP」、WordPress高速化のプラグインに関して、検証したものをご紹介したいと思います。

「Accelerated Mobile Pages (AMP:アンプ)」とは

まず、昨今何かと話題の「AMP(アンプ)」についてご紹介すると、この「AMP」とは、AMP(Accelerated Mobile Pages)のことで、GoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末上でのウェブページを高速表示するためのプロジェクトであり、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことを指します。「AMP」はGoogleとTwitterが開発しているWEBサイトの高速表示仕様ですが、Facebookにもアップル社にもこれと同様の仕様が開発されており、今後は主要インターネットメディアを網羅するために、これら別々の高速表示のための取り組みを全てのWEBサイトに求められるようになっていくことでしょう。

ここで、注目なのが、このAMPを初めとする「高速化のための技術」は、HTML形式でそれぞれのメディアにあらかじめデータを蓄積させると言う点です。

ホームページの機能や表現が複雑になり、原点回帰?

ご存知の方も多いように、WEBサイト(俗にいうホームページ)誕生期は、HTMLだけで構成されていました。その後、デザインやレイアウトを司るCSS(Cascading Style Sheets)が登場し、ホームページ上で動かすプログラムJavaScriptやCGIなどが生まれ、現在はphpというプログラミング言語が広く扱われるようになっています。(誕生した言語の序列が正しくなかったらスミマセン)

この他にも、ホームページ上で様々な表現を実現するためにいくつかの言語が登場し、衰退し消滅した技術には「Flash」という技術があります。

ホームページでデキルことが増え、使用される言語に関しても多岐にわたるため、最もシンプルなHTMLファイルを提供して欲しいというのが、どうやら彼らの望みのようです。

多くの情報、最新の情報を提供したい⇒もっと便利に⇒複雑になったので⇒シンプル版をよこせ…

結局こんな図式が見え隠れするのですが、だったら初めからHTMLで昔ながらのホームページを作成すれば良いのか?と原点回帰こそが最善策?と感じるかもしれません。しかし、それは早計というものなのです。

 

 

では、その理由を見てみましょう。

WordPressの高速化が声高になる理由

昨今は日常的な情報発信が一般企業にも普及したため、またニュースサイト等の人気が高まり、Googleは特に「最新の情報を(検索者に)届けたい」という目的があるため、これらニュース記事(ブログ記事)に対して、高速表示実現の取り組みを進めているようです。

なぜなら、検索結果からウェブページに移動する際、その表示速度が遅く、検索ユーザーに不快感を与えてしまっては、検索離れを引き起こしかねないからです。Facebookが同様の取り組みを行う理由は、Facebook上のリンク投稿から、同様のストレスをユーザーに感じさせてしまっては、Facebook離れが起こってしまうので、同様にウェブページの高速化を推奨する技術を提供しようとしているわけです。

Appleは、iPhoneを初めとする端末でデフォルトの検索エンジンを「Siri」に置き換えたい、独自エンジンに置き換えたいと言った目論見があったり、「iPhone重いじゃん」とならないように、同様の技術を開発しています。

既にGoogleの公式アナウンスでは、AMPページの有無や高速表示の有無を検索ランキングに繁栄する試みをテストし始めていますので、「AMPはSEOに有利」という話題や「WordPressの高速化は上位表示に影響がある」といった情報が出始めています。

検索エンジンが評価するWEBサイトには、昔から次の2のことが言われています。

  • オリジナルの情報
  • 最新の情報

この2つ以外にも「検索アルゴリズムは300種以上ある」と言われますが、とどのつまり、この2要素の枝葉末節でしかありません。

 

 

この内、着目する必要があるのは後者の「最新の情報」。

前者「オリジナルな情報」というのは、情報発信者としてはマナーであり、最低限の取り組み事項。著作権云々ではなく、著作物共有が認められたコンテンツであっても、検索エンジンから言わせれば、同じ情報を無数のサイトで取り扱われるのは、迷惑きわまりないわけです。(そのために、「引用」や「参照」元を明らかにする「リンク」が存在します)

また、この「オリジナル情報」に関しては、情報仲介者の立場からすると、提供の仕方に頭を悩ませる問題でもあります。例えば、マニアックな科学者発明した画期的なシステムが合ったとします。その情報のオリジナル(ソースもと)は、このマニアックな科学者のWEBサイトということになりますが、一般ユーザーにとって、そのマニアックな科学者が発信した情報と、人気サイトで取り上げられた際の「受け入れ方」には、大きな違いが生まれることでしょう。

このため、特にGoogleは、オリジナル情報と言う評価基準や「引用もと」、「参照元」の基準となるリンクやキュレーションに対する評価仕様を調整改善を進めています。

言い換えれば、安定しない評価基準が「情報のオリジナル性」と考えても良いでしょう。では、後者の「最新の情報」という評価基準を見てみましょう。

 

 

もっとも誤った解釈が多い「最新の情報」

検索エンジンは、「最新の情報」という評価基準を何をもって、「最新」と判断しているのでしょうか。

これは、情報がリリースしたタイミングという解釈が一般浸透していますが、3年前の情報を今発信したからと言って、その情報は「最新」と判断できるでしょうか?

ネット集客アドバイザー

できませんよね。

このため、情報発信元のWEBサイト自体の運用歴等をもとに「最新」かどうかが判断されます。また、これによって評価される影響度はそれほど強くなく、正味閲覧濃度と呼んでいる「閲覧数(アクセス数)」や「精読時間(滞在時間)」「関連コンテンツ数(ページビュー数)」などの総和から、そのコンテンツ(情報)の価値が評価されているようです。

更に、ここには各メディアの人間的な判断基準が含まれます。それは、古い仕様で構成された、手間のかかる技術仕様で「最新情報」を発信する割合は少ないだろう…という人間的解釈です。

人は、誰でも楽をしたければ、無駄な労力は技術の進歩に合わせて削減していきたいものです。ましてや、国内外を見渡してもWEBサイトの制作会社はホームページ制作の最新仕様を研究し、より便利で新しい仕様でのホームページ制作に取り組むと言った流れの中で経営を続けています。

そんな背景の中、手間もスキルも必要なHTMLだけでの継続的な情報発信をどれだけの割合で実施されることでしょうか…

また、次のようにも解釈できます。

最新情報を発信する者は最新情報にも精通している?

検索エンジンの仕様やWEBサイトを構築する最新技術が、毎年のように変更されたりリリースされる理由は、快適なインターネット情報発信を実現する以外にも、最先端を行く、彼らに追従しているかどうかを測る尺度として用いることが可能です。彼らの最新情報に追従する情報発信者を優遇することで、彼らの技術は更に進歩させることが可能になります。なぜなら、利用者が多ければ多いほど、それだけ多くのデータを蓄積することができますので、バグや不具合、欠陥を早期に発見することができます。

その結果、彼らは彼らの目的をより速く実現することが可能になります。

要するに、最新技術、最新仕様、最新情報を求めるということは、これらの先導者に「踊らされている」ということなのです。

 

 

WordPress高速化実装の結果

先日、あるWEBサイトにAMPを導入しました。このサイトにもAMPを導入し、Googleのサーチコンソールにそのことを伝えました。AMP自体は、本コンテンツの計量版情報としてのHTMLファイルが存在することを通知するものですので、「Google PageSpeed Insights」や「GTmetrix」の測定結果には繁栄されないでしょう。(詳しくは、この技術専門者に委ねますが)

その後、WordPressの高速化として代表的なCDN(Contents Delivery Network)を利用し、キャッシュによる高速化を試みました。

加えて、WordPress高速化プラグインとして「W3 total cashe」「EWWW Image Optimizer」「Head Cleaner」「Lazy Load」を導入し、トップページのみCSSを読み込まないバグが発見されたので「W3 total cashe」を「WP Super Cache」に置き換え、「CloudFlare」を導入しました。

その結果が、この図です。

WordPress高速化の結果

サーバーは「Xサーバー」を使用しています。

エックスサーバーには「mod_pagespeed」という表示速度高速化のモジュールが準備されており、このこのモジュールをONにすることで、2秒ほど表示速度を短縮できましたが、それでもまだ遅いので、今回の掲載した改善結果画像から表示時間に関しては、割愛させて頂きました。

WEBサイトの軽量化、高速化への疑問

マッつん

さて、WordPressの高速化と、AMPによる軽量コンテンツの生成を見てきたわけですが、私にはひとつの大きな疑問が浮かびました。

それは、AMPを初めとする軽量コンテンツの生成を行えば、WordPressの高速化は必要ないのではないのか?という疑問です。

もちろん、AMPコンテンツへのアクセスは、外部サイト(検索結果やFacebook)からのモバイルアクセス時のみという条件がつきます。サイト内を回遊して頂く際にWEBサイト自体が重ければ、それによって離脱が起こったり、重すぎる場合には「遮断」されてしまうケースもあることでしょう。

WEBサイトを重くしてしまう理由は、WEBサイトに様々な表現手法や機能をもたせるために起こる弊害とも言えます。

WordPressの高速化やサイト表示スピードの短縮に関して、よく取り上げられるのが「トップページの軽量化」です。その理由は「もっともアクセスされるページ=トップページ」という前提によるものなのですが、私が運営するサイト群の統計を見ると、トップページの閲覧数は、平均で4位。その割合は、全体アクセス数の25%程度です。ランディングページとしてトップページのランキングは3位ですが、そのランディング割合は、全体の5%未満です。

そして、これは私が運営するサイト以外にも言えることでしょうが、もっとも複雑で特殊な表現を用いるのがトップページではないでしょうか。

WEBサイトが無駄に重いのは問題外ですが、トップページの閲覧速度を上げることをWordPressの高速化と解釈するのは、時間とコストの無駄のような気がしてなりません。

もっとも、軽量化させる必要があるページは、広告やSNSからのランディングページであって、そこで伝えるべき内容の軽量化ではないでしょうか…

ネット集客アドバイザー

そう言った意味では、この記事も伝えることが多すぎて、もっと軽量化する必要があるかもしれませんね(汗)

追記

2019/05/03 追記

もうすぐ通信規格が4Gから5Gに引き上がりますね。WEBサイトの高速化の話題もそろそろ不毛な時期になるのでしょうか…

WordPressホームページ作成 レスポンシブWEBデザイン

ads by Google