価格戦略とネット活用

68
価格戦略とネット活用

なぜ、インターネットを使って集客や販促を行うのか…

「今の時代、ネットやんなきゃ始まらないよね」なんて言葉もたまには聞きますが、これだけインターネットを活用したビジネスが当たり前になってくると、なぜ、ネットを使って集客したり販促するのかと言った、根本的なことって忘れがちですよね。

実は、この「根本的なこと」を抑えていないと、価格戦略で失敗してしまうわけなんです。

ネットを使っているのに価格戦略は以前のまま?

ビジネスにネットを使う理由。

それは、今や紙チラシといったOFFラインの広告よりもインターネットを使ってみる人の方が多いからと答える方も多いでしょうが、元を正せば、OFFラインよりもネットの方が「安上がり」だから、ネットを使うといった半ば常識になっているかのような流れに乗ってネットを使って集客したり、販促を進めているのではないでしょうか。

もちろん、ネットとOFFラインを組み合わせた、メディアミックスを取り入れている企業もあることでしょう。

純粋に、経費を抑えることができれば、利益は自然と増えるというのは正に机上の空論。

あなたも身に染みて感じている通り、ネットを使った戦略とOFFラインのそれとでは、異なることが多いですよね。

価格戦略を組み立てる際には、広告にどれだけ費用を投入するかや、プロモーション費用にどれだけ投資できるかと言った「販促費」を鑑みながら組み立てることも多いでしょうが、実はこのようにOFFライン中心でビジネスを進めていた昔のやり方通りにネットを使った価格戦略を組み立てると「スピード」を大きくロスしてしまいます。

「時は金なり」ネットはスピードが命

OFFラインでの戦略は、いったん走り出すとなかなか修正を行うことができません。

そのため、比較的綿密な計画が必要ですが、インターネットの場合なら、修正はタイムリーに行えます。

ネット活用の肝は、この「時間」を味方につけることなのです。

紙からデジタルコンテンツにすることで。印刷代や郵送費をほとんどゼロにすることは、あなたも知っての通りなのですが、この「時間」と「Time is money」を見落とし、得られるはずの利益を取りこぼしている方は少なくありません。

なぜ、SEOを行うのか…

それは、無料でのアクセスを獲得できるから。

無料のアクセスは、言い換えれば、無料でチラシを手渡ししているようなもの。

クリック課金型のWEB広告をなぜ使うのか…

それは、ポスティングされただけでポスティング費用を払っていた無駄な経費を、投函先の住人がチラシを見て初めて課金されると言った、成果課金型にし無駄な出費をなくすため。

このように、目に見えるインターネット上の課金システムだけでも、いくつも最終的な利益に影響を及ぼす要因は溢れています。

ただ、本当にこの「目に見える」影響だけがネットを使った集客や販促の利益に影響を及ぼしているのでしょうか。

スピードとWEBの特性を活かし10倍の利益

私や私のクライアント達は、このWEBを使うことで、手に入れた「時間」とWEBとOFFラインとでの集客や販促の違いに着目し、OFFラインのみ戦略時と比べ約10倍以上の利益を上げることができています。

特に価格戦略においては、旧態以前なLTV(顧客生涯価値)などといった「お利口さん公式」に当てはめた算数が行われる中、WEB特性を踏まえた価格戦略を行うことで、それ以上の成果を今までにないスピードで手に入れることもできました。

そして今回、これらの事例とその背景をまとめ、あなたのビジネスに置き換える際のアイデアを収録した書籍「価格戦略 – 優良顧客と長く付き合うための裏取引」という書籍をリリースしました。サブタイトルには『あなたを縛る『お金のメンタルブロック』から解放され、今まで以上の収益をWEBを使って上げる方法』とし、不毛な検索上位表示対策ではなく、適切なSEOを行うメリットを細かく紹介し、その設定方法などもご紹介させていただきました。

ただ、サブタイトルにもある通り価格戦略はノウハウやテクニックを身につけただけでは成功することができません。

あなたを縛る『お金のメンタルブロック』を解放させる必要があるんです。

まずは、こちらのクイズに答えてみてください。

価格戦略を上手くいかせるためのクイズ

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください