文章力の壁を越えるために

339
2016年に向けて

いつも愛読ありがとうございます。

こんにちは、ネット集客と買い易い仕組みの情報発信!HCM Next Connectの松村です。

昨日、強烈な尻もちをついて、首を痛めてしまってます…。

マーケティング担当の方や、集客活動を行っている方の多くが文章力やコピーライティングスキルの習得に悩んでいます。

なかなかチラシの反応が取れない、ブログやサイトのアクセスが増えないアクセスはあるのにコンバージョン(顧客転換)率が上がらない…。

私自身も文章力やコピーライティングスキル向上のためには日々努めています。

何をやっているのかと言えば、

  1. 読み心地のよい方のブログやメールマガジンを読む
  2. 勉強になると感じるブログやメールマガジンを読む

そして

3.アウトプット。実際に自分でも書く

この3つです。

そんなことで、文章力がつくのか?と思われるかもしれませんが、試行錯誤の末、一番早いのはこの方法だと思っています。

もちろん、昔っから反応が取れるコピーをテンプレートとして使うこともありますが、その後の文章もそうですし、この文章テンプレートを自分のビジネスに合わせて修正するためには、それなりの積み重ねが必要だと感じています。

ただ、その積み重ねをやっている間でも結果は出していかなければなりませんよね。

そのための方法は圧倒的なアウトプットから、ご自身を好んでくれる方々を引き付けることが重要になります。

先に挙げた私が実践している3つの内はじめの2つを見返してください。

  1. 読み心地のよい方のブログやメールマガジンを読む
  2. 勉強になると感じるブログやメールマガジンを読む

この「読み心地」「勉強になると感じる」って主観の問題ですよね。学校の先生に置き換えてみると分かりやすいのですが、同じ数学や社会の授業でも、分かりやすい先生とそうでない先生。

授業時間があっという間に過ぎてしまう先生と、ついつい居眠りしてしまう先生っていましたよね。

ただ、生徒はそれを選ぶことはできません。

これをビジネスに置き換えると、私たちが学ぶ際には先生を選べます。

逆から考えると、先生に指定された人は、私たちから選ばれているわけなんです。

ライティングの教材やマーケティングの教材は多数販売されています。その中から私たちが自らのスキルアップのために片っ端から買いあさるようなことはしないでしょう。

はじめは、良く売れているものや凄い実績を持っていらっしゃる方の教材や書籍などが目につき、こういった教材は高額なものがほとんどですので、自分に今何が必要で、何からだったら始められるかといった形で選んでいく。

この過程を今度はご自身のビジネスに当てはめてみる。

ご自身の業界で権威と言われる方や取り扱っている商品やサービス、業界の中で共感できる大御所の意見を噛み砕いていき市場に届ける。

そうすることで「選ばれる存在」になることはそんなに遠回りではありません。

そして、これは多くの成功者が採っている方法です。

ある方も起業前にそれなりの経験や成功を収めていらっしゃって、順風満帆での起業だったはずが躓かれて、アメリカにわたりソーシャルメディアの活用方法を学ばれ、今では本物のfacebook活用をご指導されています。

私も地元でネット集客やWeb活用の指導の中、facebookの活用方法などをお伝えしていますが、この方のFacebook活用法はとても面白いと思います。

「同じ業界の上手く言っている人のやり方をまねたところで、所詮二番煎じでは?」と思われるかもしれません。

しかし、こういった本物の成功者は個性も強く、あなた自身との違いもすぐに見つける事ができます。

「学ぶ」とは「真似ぶ」とも言うそうですし、同じ業界ならそういったところも多いはずです。

そして、違うところも差があればあるほど、よく見える。

この違いの部分をアレンジすれば、二番煎じだろうと、三番煎じだろうとビジネスを軌道に乗せる事は可能です。

どちらかというと、多くの先行参入者がたくさんミスを犯してくれていますので、そういった失敗事例からも学ぶ事ができますし、自分自身のチェック項目として、先人のミスから学ぶ事もできます。

そんな私自身の気付きも含め、こちらの動画にまとめました。

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください