ブログSEOでよくあるミス

734
ブログSEO

 ブログSEOで頻繁に見かけるミスと言うのは、あなた自身の「真面目さ」と商品やサービスを売りたいという「欲」の狭間に潜んでいます。本日はあるクライアントさんへブログSEOに関する指導をさせていただいたので、その一部をご紹介させていただきたいと思います。

ブログSEOで失敗しない3つのポイント

ブログを書く目的は3つしかない

ブログを書く目的を細かく挙げるとさまざまありますが、大きく分けると次の3つ。

  1. 新規客獲得
  2. SEO
  3. 顧客との関係構築

そして、この3つの中で常に付きまとうのが2番目の「SEO」ですよね。

1つ目と3つ目は今更ご説明する間でもないかと思います。ブログ記事ひとつで新規客を獲得できるかと言うと、そう簡単にいかない場合もありますし、簡単にできる場合もありますが、ここではあまりにも複雑すぎるので割愛します。

ブログを書く目的の3つ目にあげた「顧客との関係構築」はメールマガジンやSNSじゃないの?と思われるかもしれませんが、ブログでも可能です。

この他には、インターネットの五大特性「消えない資産」「距離感の消滅」「時間的制約からの解放」「公開された情報の信頼性」「魅惑の世界」を活かすためのブログ活用がありますが、このあたりはブログの書き方と言うよりも、コンテンツマーケティングと言うくくりになってきますので、拙著をご覧頂ければと思います。

そして、ブログを書く側にあるあなたにとって1つ目の「新規客獲得」のためのブログと「顧客との関係構築」の記事は分けて書いた方が良いのですが、必ずしもこの目的通りにブログが働いてくれるかと言うと、そうではありません。

ただし、これはブログにおけるミスではなく「あるべき姿」とも言える現象です。

あなたが新規客獲得のために書いた記事を検索経由であなたの顧客が見つけることもあるでしょうし、そうなれば、きっとあなたに寄せる信頼は深まることでしょう。

逆に顧客との関係構築を意識した記事を検索エンジン経由で見つけ、その読者が共感を覚えあなたの顧客となることもあるでしょう。

この他にも、ブログを使ったリアルセールスという手法も行なってきていますし、その具体的な事例や方法は拙著『あなたも3分の1の労力で5倍の成果を上げることができるコンテンツマーケティング』の中でご紹介しています(現在最新版を鋭意執筆中です)。

これを、ブログSEOのミスというにはちょっと当てはまりませんよね。どちらかと言えば、ブログSEOで成功していると言ってもいいでしょう。

ですから、新規客獲得のためのブログであろうと顧客との関係構築のためのブログであろうとSEO(検索エンジン最適化)を無視したブログはミスを通り越して失敗としか言いようがありません。

もっとも多いブログSEOのミス

もっとも多いブログSEOのミスのひとつに「タイトルとディスクリプションのミスマッチ」と言うものがあります。このミスには「真面目」な方ほど犯しやすいと言う傾向があります。

ブログは無料情報ですよね。この無料の情報を多くのインターネットユーザーは探しているので、ブログを通して読者に情報を無料で提供すると言う行為は素晴らしいのですが、ブログをビジネスに繋げる以上、そのブログを通じて読者から共感と信頼を勝ち取り、できれば何かを買って欲しい、無料のサンプルでも良いので請求して欲しいと考えてブログを書くのがビジネスブログ。

しかし、ブログで直接的に売り込んでも成果に繋がらないと言うことをあなたも体験やどこかで見聞きしてご存知のことでしょうから、この「真面目さ」と「欲」の狭間を埋めなければ、インパクトのあるタイトルを付けて読者の目を引きつけたとしてもディスクリプションでは150文字くらい書けてしまうので「真面目さ」がにじみ出てしまい、タイトルとの矛盾が生じてしまうのです。

ディスクリプションはそれほど読まれないと言う話もありますが、多くのブログ本文はディスクリプションにまとめられていますので、本文も「タイトルで約束した」内容が薄められて記述されていることが少なくありません。

例えば、次のようなブログがあったとします。

タイトル:

たった15分のストレッチで驚きの美脚を実現

SEOを意識したブログのタイトルとしてはニッチキーワードでの上位表示が関の山といったタイトルですが、このタイトルで検索すればブログも見つけられそうなタイトルですよね(ベタで申し訳ありません。そして決してこのキーワードでの検索結果に表示されるブログを例にとっているわけではありません)

ここに「真面目さ」と「欲」が絡むと次のようなディスクリプションになってしまいます。

無料DVDプレゼント。たった15分のストレッチをこの無料DVDを見ながら3ヵ月行なっただけで、夢にまで見た美脚を手に入れた方から喜びの声が届きました。そして彼女はこの美脚DVDと一緒に食事制限と毎朝のジョギングを取り入れたそうです。あなたもこの美脚DVDを使って云々

タイトルからは「ストレッチの方法」が書かれた記事だと予測しクリックしようと思う検索者も多いでしょうが、ディスクリプションを見た途端に「無料DVD」の宣伝だと分かります。こうなると「売込み記事」か「アフィリエイトブログ」だと察する検索者が数パーセント出てくるでしょう。

更に「真面目さ」が邪魔して「3ヵ月」もかかったことを、本文を読ませる前に告げてしまっている点。更にお客様の声の中にもDVDを見てストレッチするだけじゃなく食事制限や毎朝のジョギングを行なっていたことを素直に告白してしまっている…。

例えこれが「事実」だったとしても「3ヵ月」と言う期間は『個人差』でしょうし、食事制限やジョギングはそのストレッチの効果を促進させるための不可要素でしかありません。

これでは、せっかく美脚を求め、あなたのブログにたどり着こうとしている検索者の「やる気」を削いでしまい、彼女の欲求は果たされなくなってしまいます。

そう、もし、こう言ったブログのミスをあなたが行なっていたとしたら、あなたは検索者の欲求を満たすことができなかった事になります。

人は興味を持ち情報が与えられて初めてその人の言うことを信じるようになります。この段階を踏まずに話を進めれば、信じてもらうどころか共感すら抱いてもらえなくなるのです。

そして、結局は検索者を読者にすることもできず「何も解決できない人」と検索者は認識し、検索エンジンはそのブログを「キーワードニーズにマッチしていないブログ」と判断するわけです。

こう言ったブログSEOのミスは頻繁に見かけますので是非、注意してみてください。

そして、最後にもうひとつの「ブログSEO」に関するミスをご紹介します。

「もう初心者じゃない」と感じだした頃にやりがちなブログSEO上のミスです。

脱初心者が起こすブログSEOのミス

ブログSEOには、これまでにお伝えした、その記事自体のブログSEOと言う観点と何かしら別のコンテンツやブログのSEO要素を強化するためのブログSEOがあります。

具体的な施策としてあげるなら「リンク」がこれにあたります。

カテゴリー設定やタグの設定もサイト内リンクを意識したブログSEOと呼べますが、こちらはまたちょっと複雑ですのでまたの機会に解説したいと思います。

 ブログを書く際に、同じサイト内にある他のブログにリンクを張ることってありますよね。テクニカルなSEOでも話題になりましたが「リンクを貼るなら本文から」といった話もあり、その中でも「できるだけ上部で」という指南書もあります。

昨今のSEO事情からそのリンク掲載位置とリンク効果に関する是非は割愛しますが、本文の「書き出し」で他のブログへリンクを送っている記事をたまに見かけます。これは、そのリンク元となっているブログ自体の価値を下げる結果になりますので、SEO的にはマイナスと考えて良いでしょう。

なぜなら、何かしらのキーワードやSNSを経由してそのブログにアクセスしたのに【別のブログ】にすぐさま誘導するのですから「役所のたらい回し」と感じさせるブログと判断されてしまっても文句は言えません。

オールアバウトなどのコンテンツでよくある1つのテーマを複数のページに渡って紹介するようなブログだったとしても、2記事目のブログに「1記事目は読んだか?」的なリンクが張られているようなことはありません。

こういったブログSEOのミスはSEOを学び始めて「そろそろもう私は初心者じゃないかな」と感じ始めた頃に犯してしまいます。

 サイト内構造やSEOの内部対策に関する手法やテクニックは多岐にわたりますが、読者のことを考えながらコンテンツを作成していき、無料情報としてブログを発信すれば、自然なカタチでステキなサイト内のリンク構造を作り上げることもできますし、ブログSEOを通じて内部対策を充実させることも可能です。

この他の詳しいホームページ活用やブログSEOに関しては、下記の著書にまとめていますので参考にしてみてください。

728ad-hiketsuboketsu-sns

ads by Google

前の記事サーチコンソール・データの文字化けを簡単に解決する
次の記事脱USP
堺ブレイザーズ(旧新日本製鐵バレーボールチーム)を引退後、様々な職業経験を積んだのち2010年に起業。ネット集客サポートのほか、ホームページの自社作成&自社運営の指導(企業内WEB対策チームの養成)を行う。この公式ブログでは、WEB活用だけでなくマネジメントや働き方改革、選挙と政治など様々なジャンルの情報発信を行っている。2018年9月から自ら働き方改革を始め、派遣の港湾労働者として現場の働き方改革の体験を始めている。 10数冊の著書があり、自らも出版事業を始め"WEBと出版をつなぐ新たなカタチ"を導入したコンテンツ・マーケティングを提供している。

ご質問やコメントをお寄せください。