質の高いコンテンツ3つの条件

1290
質の高いコンテンツとは

質の高いコンテンツ。最近よく耳にする言葉ですよね。

ですが、実際何を持って「質が高い」と言っているのかが漠然としていたり、具体性に欠けていたりすると感じたことはありませんか、今回はクライアントさんとともに実践している質の高いコンテンツ3つの条件をご紹介します。

質の高いコンテンツに求められる3つの条件

コンテンツの質を考える時には3つの観点から「目標」を定め、高い質を達成するように努める必要があります。3つの観点とはそれぞれ「SEO的な質の高さ」「読者に取ってのコンテンツの質」そしてあなたにとって、そのコンテンツ(情報)が果たす「役割を満たしているか」と言う質の高さです。

では、それぞれの観点に立って質の高いコンテンツの条件を見ていきましょう。

SEO的観点から見た質の高いコンテンツ

SEO的な観点から見た質の高いコンテンツに関しては、既に多くの方がご存知の項目からおさらいしておきましょう。

特にコンテンツマーケティングという言葉が耳馴染みある言葉になった頃からよく質問されることに「ブログとページの質の違い」があるのですが、WordPressなどを使いだすとこの2つに何か明確な違いがあるかのような錯覚に陥ってしまうようです。

WordPressの性質上「投稿(ブログ)」と「固定ページ」の2つにコンテンツ様式があり、それぞれ異なったシステム的な取り扱いが行なわれます。

「自動化」と言うことを取り除いて考えるとブログとページの間にSEO上での「コンテンツの質」においてそれほど違いがあるわけではありません。

どちらにしても必要なことは次の通りです。

質の高いコンテンツ3つの条件

  1. 検索エンジンにコンテンツの内容を適切に知らせられているか
  2. 検索エンジンが評価する条件を満たしているか
  3. サイト内でのSEO的役割は明確か

この3つです。

 検索エンジンにコンテンツの内容を適切に知らせられているかとはどう言うことかというと、コンテンツのタイトルやディスクリプション(説明文)に、あなたが伝えたいキーワードが検索エンジンのガイドラインに沿って記載されているかが最低条件になります。

そして、本文内でもそのことを中心に記述されているか、関連性のあるコンテンツ同士は結びつけられているかと言ったことが上げられます。

SEOの用語を使うと「キーワード出現率」や「内部リンク構成」「カテゴライズ」といったことになります。「カテゴライズ」とは、あなたのサイト内でそのコンテンツはSEO上どんな役割を果たすのかということです。

何かのキーワードで上位表示させたいコンテンツなのか、それとも広告(AdWordsなど)を打って直接的なコンバージョンを狙うコンテンツなのかと言うことも含まれますし、別のページを上位表示させるための「関連コンテンツ」もしくは「誘導コンテンツ」なのかという「コンテンツの立ち位置」を意味します。

そしてもうひとつ、WordPressを使っている場合でしたら「投稿(ブログ)」のカテゴリー分けと言うことにも繋がります。

質の高いコンテンツとは「閲覧されるコンテンツ」ですので、あなたのコンテンツがどんな経路を辿って閲覧されるかを考えれば「検索エンジン経由」で閲覧される機会を増やす取り組みはコンテンツの質を考える上では欠かせない項目となるでしょう。

ただし、検索エンジンは「ユーザーに取って有益な情報」を質の高いコンテンツとして評価する大きな柱を持っていますので、次に紹介する「読者に取って質の高いコンテンツとは」ということもあわせて考慮する必要があります。

読者に取って質の高いコンテンツとは

読者に取って質が高いコンテンツとはどんなものかを「計る」方法として「ページの閲覧時間」を参考にするようにしています。

「読んでもらえている時間」ですね。

Google的な言葉を使えば「滞在時間」と言えるでしょう。SEO的にはこの「滞在時間」とは別に「ページビュー数」(何ページ見られたか)ということも気にする必要はありますが、これは「コンテンツの役割」によって変わってきますので、全てのコンテンツにおいて質の高さに「ページ誘導率」を考慮するようになると、サイト構成が混沌としてしまいますので注意が必要です

「1記事読んで電話注文を頂く」これってSEO的にはあまり良くないことかもしれませんが、あなたのビジネスにおいては良い傾向ですよね。

読者に取って質の高いコンテンツとは、読者の悩みや欲求を解決してくれるコンテンツですから、無駄に何ページも見せるよりも、あなたが読者に取って信頼のおける人物だと認識させ、あなたに頼ることが最適だと感じられるコンテンツを「質が高い」(そのように自覚したり、言葉にはしませんが)と位置づけることでしょう。

また、読者が持つ「漠然とした悩みや欲求を掘り下げる」コンテンツも質が高いと評価されます。

「腰が痛い」という漠然とした悩みを解決してあげるためには、はじめに読んでもらうコンテンツで「どこが」「どんなふうに」「いつから」痛いのかをチェックさせて、それに応じたセルフケアの方法や再発防止の手段、もしくはあなたの整骨院がどこにあるのかを提示して治療を早急に行なうのが最善だと促してあげるのも、質の高いコンテンツと言えます。

この場合は先程のSEO的観点から見た質の高いコンテンツの条件である「ページビュー数」も評価されますので、サイト全体としてもSEO的に「質の高いコンテンツ(ホームページ)」という評価を受けることに繋がるでしょう。

読者に取って質の高いコンテンツとは、検索キーワードの具体性や閲覧導線(SNS経由なのか、メルマガ経由なのかなど)によって異なりますが、もっともサイト全体のコンテンツ構成を考える上では、検索キーワードの具体性に応じてコンテンツを組み立てるのが現実的です。

SNS経由やメルマガ経由のアクセスでは、読者の関心度を統制するのは難しいですからね。

こういったことを考慮していくと、最後に紹介する情報発信者である「あなたから見た質の高いコンテンツとは」を予めコンテンツを作成する前に設計する必要があります。

では「あなたから見た質の高いコンテンツとは」という要素を見ていきましょう。

あなたから見た質の高いコンテンツとは

「あなたから見た質の高いコンテンツとは」ということを、簡単に言えば「そのコンテンツが何を目的に発信された情報なのか」ということになります。

既にお伝えしたように質の高いコンテンツには「SEO的な質の高さ」「読者に取っての質の高さ」を考慮するわけですが、SEO的な観点からは検索キーワードの具体性によってビックキーワードと呼ばれるキーワードに即したコンテンツなのか、それともロングテールキーワードに即したコンテンツなのかによって、コンテンツの質が問われます。

最終的にこの判断は検索エンジンが行ないますが、まずは情報発信者であるあなたの「目的」がどちらなのかを決めなければ、言うまでもなく目的を果たすことはできません。

また「読者にとって質の高いコンテンツ」に関してもSEO上の質の高さ同様に「読者の欲求(や悩み)」の具体性や興味・関心度によってあなたのコンテンツを評価しますので、あなたは「どんな方に向けて『その』コンテンツを発信するのか」を明確にしなければ、その目標は果たされないでしょう。

今回、この記事(コンテンツ)は、おそらくFacebookやTwitterと言ったSNS経由で閲覧され、その後「質の高いコンテンツ」と言うキーワードに関連した検索ワードによる検索経由でのアクセスが起こるだろうことを想定して作成しています。

コンテンツ自身の目的は、このコンテンツをキッカケに私が発信する情報への興味関心を深めていただき、再び「読みたいブログ」と位置づけていただくことやブログには掲載していないメルマガ読者限定の情報(コンテンツ)に興味を持っていただきメルマガに登録していただく方が増えることを目的として作成しています。

そのためには、検索エンジン経由のアクセスが長年にわたり発生することを期待することになりますが、はじめから検索経由のアクセスは発生しませんので、SNS経由のアクセスから「精読時間」を確保してSEO的な評価を高めるように本コンテンツを構成しました。

もちろん、コンテンツタイトルやコンテンツのディスクリプションにも「質の高いコンテンツ」と言う内容に即した文章にすると言った最低条件も抑えています。

本サイト内でこのコンテンツは「質の高いコンテンツ3つの条件」というアンカーでリンクされますので、はじめにお伝えしたSEO上の質の高いコンテンツと評価される最低条件も満たしています。

このように、質の高いコンテンツとは3つの条件の元評価されますので、あなたもコンテンツを作成する場合はこの「質の高いコンテンツ3つの条件」を意識しながらコンテンツの作成と発信に心がけてみてください。

ads by Google

前の記事アンケートを「統計」として使う場合の注意点
次の記事信頼できるSEOチェックツール
堺ブレイザーズ(旧新日本製鐵バレーボールチーム)を引退後、様々な職業経験を積んだのち2010年に起業。ネット集客サポートのほか、ホームページの自社作成&自社運営の指導(企業内WEB対策チームの養成)を行う。この公式ブログでは、WEB活用だけでなくマネジメントや働き方改革、選挙と政治など様々なジャンルの情報発信を行っている。2018年9月から自ら働き方改革を始め、派遣の港湾労働者として現場の働き方改革の体験を始めている。 10数冊の著書があり、自らも出版事業を始め"WEBと出版をつなぐ新たなカタチ"を導入したコンテンツ・マーケティングを提供している。

ご質問やコメントをお寄せください。