モバイルフレンドリー

2061
モバイルフレンドリー

昨今何かと話題な「モバイルフレンドリー」ですが、どれほど重要なのか?ネット集客を行なう上で対応は急務なのか?といった疑問をお持ちの方も多いはず。

今回は、そんなモバイルフレンドリー(スマホ対策)に関連するニュースを見ながら解説していきたいと思います。

モバイルフレンドリーとは、ざっくり言うと「スマートフォンで、快適に閲覧できるサイト」になっているかということ。

もうご存知の方も多いでしょうが、Googleは、モバイル検索において【スマホ対応】の表示を付けるようになりました。

スマホ対応

この画像で赤枠で囲んだ通り、スマートフォンでの閲覧に適しているサイトに関して、【スマホ対応】という表示が出るようになりました。

因に、ノートパソコンやデスクトップPC、タブレット(iPad miniで検証)では、下記の通り【スマホ対応】の表示は出ませんでした。

PCでの検索に「スマホ対応」の掲載はない

スマホ対応の方法には、レスポンシブWebデザインを採用する他、PC用のサイトとスマートフォン用のサイトを準備し端末を識別して、表示させるコンテンツをプログラム管理する方法があります。

低予算で簡単にできるのが、前者のレスポンシブWebデザインの採用ではあるのですが、レスポンシブWebデザインは基本的に「レイアウト」や「文字の大きさ」を画面サイズに応じて調整する機能ですので、実はコレだけでは不十分なんです。

スマホ対応「モバイルフレンドリー」には、表示速度も重要?

モバイルフレンドリーに対応するには、レイアウトや文字の大きさをスマホに対応させるだけでは、実は不十分で、多くの方がご存知の通りFlashはファイルサイズも大きく読み込みに時間がかかりますので、かなり以前からスマホでは表示されないようになっていますが、それ以外にもサイト自体の読み込みに時間がかかるサイトに対して、今後Google検索において「Slow」の表示が採用されるかも?というニュースが入ってきました。

サイトの読み込みに時間がかかってしまう原因には、画像の大きさや使用される画像の枚数、この他、サーバーの質、サイト内で使用されているプログラムの質などが影響し、原因を特定して改善するためには、それなりの知識が必要となりますが、あなたのサイトが現在モバイルフレンドリーに対応しているかどうかは、簡単に調べることができます。

モバイルフレンドリーテスト
モバイルフレンドリーテスト

上のURLからGoogle デベロパーズの「モバイルフレンドリー テスト」にアクセスし、『ウェブページのURLを入力』と書かれたところに、あなたのホームページURLを貼付け【分析】をクリックすると、下記のような分析結果を表示してくれます。(画像は、このサイトの分析結果です)

モバイルフレンドリーテスト 分析結果

今回私のサイトで行なった、モバイルフレンドリーテストの結果では、問題ありませんでしたが、万が一、あなたのサイトでモバイルフレンドリーになっていない場合は、GoogleのWebマスターツールで確認することができます。

Webマスターツールにログインして、左側のメニューから【検索トラフィック】→【モバイルユーザビリティ】の順でクリックすれば、モバイル ユーザビリティのエラーに関する項目をチェックすることができます。

また、Googleが推奨する「モバイルフレンドリー」『ウェブサイトをモバイルに最適化する』ガイドラインについては、下記のサイトで紹介されていますので、技術担当の方と一緒にご覧になることをお勧めします。

 

Googleのモバイル最適化ガイド

Googleは「モバイルフレンドリー」に最低限のことしか要求していない

上記のガイドラインを見ると、意外にややこしい…

しかし、よく見るとレスポンシブWebデザインを推奨していることからも、Googleは、検索結果からあなたのページにアクセスした瞬間のことまでしか要求していないことが分かります。

Googleのモバイルガイドを見ると、レスポンシブWebデザインでホームページを作成する項目を見ると、非常にあっさりした記述しかないのに対して、パソコン用のサイトとモバイル用のサイト(または、ページ)を準備した場合の取り扱いに関しては、かなり技術的な記述が多い。

その理由は、Googleがインターネット上を巡回しているロボットが、その情報を正確に把握するために、適切な通知が必要になるからです。

言わずもがな、これらの設定にはプログラムの知識やソース(プログラム・コード)レベルでのSEO知識と技術が必要になりますので、制作会社やプログラムとSEOの両方に長けた会社に依頼することになるでしょう。

Googleが推奨しているというか、なかば強要しているとも取れるモバイルフレンドリーは、検索順位に影響が出ることから、インターネット上からSEO経由でのアクセスを集めることに関しては、十分ですが、実はコレだけでは、コンバージョンを視野に入れた「モバイル・ユーザビリティ」の観点からは不十分と言えます。

「モバイルSEO」なる言葉が昨今にぎわっていますが、これは、レスポンシブWebデザインにして、Googleのモバイルフレンドリーテストに合格したら、完成!といった単純なものではありません。

コスト的には、パソコン用サイトとモバイル用サイトを準備し、適切な通知をGoogleに送るよりも、レスポンシブWebデザインでホームページを制作する方が、安上がりではありますが、それだけで十分かどうかは、あなたの理想としている顧客像のアクセスパターンや閲覧パターン、コンバージョンフロー(アクセスから購入などまでの流れ)を把握し、最適な選択をする必要があります。

それでは、次のコラムで、私が感じた最も優れたサイトのスマホ対応の事例と、それ以外の選択肢に関してご紹介いたします。

モバイルユーザーを意識したネット集客

ads by Google