2015年に向けたSEOを考える

61
2015年のSEOとネット集客

2015年のSEOとは、Googleの今後の進化を予測し、実践レベルで再現可能な方法をこれまでのSEO施策の結果から考察するもので、必ずしも他のSEOコンサルタントと意見が一致するわけではありません。

2015年に取り入れるべきSEO思考を考察

逆を言うと、この記事を書くきっかけになったのはSEO研究者の「実戦しているのかな?」と思わせる記事が多々目に付いたことに端を発していますので、単に海外のSEO情報を翻訳し、海外SEO記事の簡易テストを真似ただけの情報ではなく、今年一年間実戦してきた、またはご指導させて頂いてきたネット集客やSEOの施策と成果を照らし合わせながら、Googleが発表している今後の方針や今進歩をし続けている検索アルゴリズムに関して2015年のSEOを考えてみたいと思います。

このような主旨で2015年のSEOに関して考察を行なっておりますので、賛否あることが出てくるかと思います。ご質問やコメントがございましたら、下記よりお聞かせ頂けると幸いです。

2015年に取り入れるべきSEO思考を考察

2014年の検索エンジンの激しい動き

さて、前置きが長くなりましたが、2014年のGoogleさんは忙しかったようですね。

現在もパンダアップデートは進行中とのことですが、SEOの施策を数種類に分けて経過観測を行なっていることに加え、クライアントさんの実践タイプによってもセグメントさせて頂き経過観察していますので、これらGoogleの変化によって、自然検索の順位が下がるタイプと上がるタイプのキーワードやSEO施策というものが見えてきました。

やはり、テクニカルなSEOや打算的なSEOは不安定きわまりない結果となり、ライバルサイトとの比較を行なっても多くの場合言えるのが、「サイト更新の質」が良い結果をもたらしているようです。

【サイト更新の質】とは、記事の追加だったり、その記事自体のオリジナル性や適切なキーワードの出現率、関連記事とのリンク構造や、目標としているページとの階層構造の兼ね合いなどに加え、SNSとの兼ね合いなどが含まれますので、このことについてはまた後日にお伝えしたいと思います。

テストも兼ねたアフィリエイトサイト及び、収益サイトには、一部テクニカルな上位表示対策を行なっているものがあり、以下のような種類に分けてがあります。

    SEO施策分類 概略

  1. 中古ドメイン+外部リンク+内部対策(キーワード出現率)ー更新*1
  2. 中古ドメイン+更新
  3. 新規ドメイン+内部対策(キーワード出現率)+更新(少)+SNS
  4. 新規ドメイン+内部対策(キーワード出現率+内部リンク構造)+更新(中)+SNS
  5. 新規ドメイン+内部対策(キーワード出現率+内部リンク構造)ー更新
  6. 新規ドメイン+内部対策(キーワード出現率+内部リンク構造)+更新(階層構造)

*1:「ー更新」とは、一切更新を行なっていないことを意味します。

上記2番目までは、ペナリティリンクと呼ばれる外部リンクを受けているものもあり、4番目のサイト群の中には過去、外部リンク過多のためペナルティを受け圏外に飛んでいき、復活したサイトがあります。

特に今年後半に入り、協業のお申し込みが多くテスト用サイトの作成とその検証バカりの日々が続いたのですが、その中で私のところにも「サジェスト(関連キーワード対策)サービス」や「虫眼鏡検索」に関するサービス業者からの提携依頼がございました。

この関連検索キーワード対策と虫眼鏡検索を操作するサービスの営業や販売代理のオファー、協業の申込が非常に多かったことには驚かされました。

ご存知の方もいらっしゃる通り、これらのサービスはYahoo!、Googleといった検索エンジン側から言えばスパム行為に該当します。

既にYahoo!は、虫眼鏡検索を意図的に操作しようとしている業者に対して法的措置も辞さないと発表している他、一部のキーワードでは虫眼鏡マークのついた関連キーワードが出ないようにもなっていたり、関連キーワードの候補表示に関しても、変換キー(タイプ後にスペース)を押した段階で表示されなくなるなどの対策を行なってきています。

概ね、これらの検索エンジン・システムの隙間をついたサービスは「ツール」が開発された時点で落ち目となり、これらのサービスを販売する代理店が出現してきた時点で過渡期となっていて、既に衰退が始まっており瞬く間に消滅又は減少するという傾向にあります。

(サジェストや虫眼鏡を操作する行為は既に4〜5年前ほどから業界内では行なわれていました。その当時、友人1人でビッグキーワードのサジェスト及び虫眼鏡ワードを人力でできた時代もありました。)

そう考えると、外部リンク業者に関してはかなり長い期間浮き沈みがあったという背景があり、これらのサービスも数は減るものの、やはり浮き沈みが数年あるのではないかと予測する方もいるでしょうが、外部リンクを提供するサービスが未だに後を絶たない理由は「リンクの持つ要素」が大きく関連していますので、今回のサジェストや虫眼鏡検索とは若干異なります。

このサジェストや虫眼鏡、関連検索ワードに関しては、この主旨とキーワードの質を把握していることが条件となりますが、スパム行為とならずに今後もYahoo!やGoogleが全面的にこの表示を消滅させない限り行なうことが可能ですので、先に記したリンク業者とはまた違った変遷を辿ることでしょう。

ただ、これらサジェストや虫眼鏡検索を利用したSEOが2015年のSEOと言うお話ではありません。おそらく、外部リンクの時とまでは行かないでしょうが2015年もサジェストサービスや虫眼鏡検索を活用すると言ったサービス、営業はあなたのところにも来るかもしれませんし、それらを行なえる業者は減る方向にあるでしょうが、先述の通り、Yahoo!やGoogleがサジェスト(検索候補キーワード)を提供する目的、虫眼鏡検索ワードを表示する目的を把握し、どのような仕組みでこれらの表示が行なわれているのかを察知し、試みることができるサービス業者は生き残り、2015年もSEOサービスとしてYahoo!とGoogleと共存していくことでしょう。

もちろん、2015年は更に巧妙にしかけてくるスパム業者の暗躍も予測されますので、御社のホームページに法的措置が施されないよう適切な判断を行なっていただきたいと思います。

では、これらを踏まえて、改めて今年一年間で感じてきた、2015年のSEOを考えてみたいと思います。

まずは、アナリティクスと自然検索順位の関係に関する考察からです。

アナリティクスと自然検索順位からの考察

ミドルレンジ・キーワードで自然検索順位4ページ目以下のキーワードによるアクセスが多いサイトが目立った傾向にありました。

キーワードのレベル判定に関しては、本サイトの【キーワード難易度判定】のページをご覧頂くとして、これらのサイトに共通するポイントと言えば、検索されるキーワードが多く、アクセスの大半がロングテールキーワードから行なわれているというところにありました。

この原因は、最近はあまり他者のSEO関連の記事でも見かけなくなった「パーソナライズ検索」が作用されているように思われます。

パーソナライズ検索とは、Googleが始めた検索アシスト機能の一つで、過去はGoogleにログインしている状態でのみ機能していた検索履歴による自然検索結果の反映でしたが、現在はブラウザの180日クッキーを利用し、Googleにログインしていない状態でも、個人の検索履歴が検索結果に影響を及ぼす機能のことです。

分かりやすく言うと、過去に検索からアクセスしたサイトが関連キーワードによる新たな検索に対して上位に表示されやすくなるというもので、例えば、「レーシック 福岡 評判」といった検索を行なった後日、「レーシック」単体で検索した際にもオーガニック検索では1ページ目にランクインできていないサイトが、パーソナライズ検索機能によって、1ページ目に表示されるといったものです。(こちらは極端な例ですが)

この機能は2009年にGoogleの公式ブログで「今後長い年月がかかるだろうが進化させる」的なことが発信されており、スマートフォン全盛の時代において、特にAndroid携帯ではデフォルトの検索エンジンがGoogleになっていることが多く、よりGoogleのパーソナライズ検索は、今後のネット集客及び企業のホームページ活用に大きく影響すると思われます。

2015年は、パーソナライズ検索を意識したSEOが重要

2015年のSEOには、このパーソナライズ検索を意識した取り組みが重要になってくるのではないかと私は考えています。

当時のGoogleの記事によると、パーソナライズ検索が機能するのは検索クエリによるところとのみしか記載されていませんが、SNSからのアクセス流入を高く評価するようになってきている時代背景からも、このことが関連し、これまでの「検索結果からアクセスした履歴を参照」ということに加え、「過去のアクセス履歴」特に「SNSからのアクセス履歴」を参照したパーソナライズ検索が機能し始めるのではないかと予測しています。

これは、言い換えれば先述したようなスパムと設けられる自然検索上位表示施策を無効化することにも繋がります。

なぜなら、個人の閲覧履歴はハッキングでもしない限り書き換えられないからです。

今後、大枚を叩き俗にいう「ビックキーワード」での自然検索において上位に表示されたとしても、過去にSNSを含め何らかの接触を検索ユーザーとっていた企業が、そのランキングに入り込み、検索ユーザーは順位ではなく「親しみ」「信頼」から過去にアクセスしたサイトの検索タイトルをクリックするようになるのではないかと考えている訳です。

これらの考察は、先にお伝えした、【ミドルレンジ・キーワードで自然検索結果4ページ目以下のキーワードによるアクセスが多いサイトが目立った】ということにも起因しています。

これらのアクセスは、検索ボリュームや検索ヒットサイト数などの少ない、スモールキーワードやロングテールキーワードによって過去検索していたユーザーが、より多くの情報を求めて、検索ワード数を減らし検索した結果でも、過去訪れた経験のあるサイトにアクセスしたと考えられます。

また、これらはニッチなキーワード故にサンプル数が少なく、確証は持てませんが過去、Facebookで「いいね」をクリックしていたサイトやGoogle+で評価していたサイトが、オーガニックな検索順位を退け、パーソナライズされた順位として上位に表示された結果、アクセスされていたものとも考えることができます。

2015年に注力すべきSEO施策とは

これらのことを踏まえ、2015年に注力すべきSEO施策というのは、インターネットユーザーとの接触機会の増幅に意識を向けた取り組みだと考えています。

昨日の記事「集客とセールスをネットで効率化する」でも紹介した、【ネット集客する】もそうですが、SEOをビジネスマナーとして考え、SEOの思考を「対ライバル」ではなく「対お客様」に向けることで、Googleが目指しているパーソナライズ検索の意向とも一致しよりよいネット集客を実現できるのではないかと考えています。

2015年に重要となるSEO施策(具体例)

  1. ロングテールキーワードを意識した、最新情報の追加
  2. SNSを経由するアクセスの獲得
  3. SNSでの交流の出口にサイトへの流入を設置する
  4. SEO関連サービスの外注企業をハンドリングできるリテラシーを確保する
  5. お客様の声を基にサイトのページを順次増やしていく
  6. あらゆる機会において、お客様自身のスマートフォンでサイトを閲覧させる

今年もいくつかの企業様でホームページを作成しサポートを行なわさせて頂きましたが、結果が出ない企業様の特徴はズバリ「原稿を自分で書かない」企業様です。

私の方で取材し度重なるヒアリングを行い、公開までの原稿を作成する場合も少なくありませんが、この場合においてもメインで上位表示を狙うキーワードによっては、初回インデックス時の成果を求められる場合「ページ数」が大きく影響します。

仮に30ページで、目標とするキーワードで結果を得られたとしても、その後の記事の追加がなければ「進展のないサイト=活動のない企業」と検索エンジンは判断するでしょうし、ユーザーもそのように見なすことでしょう。

残念なクライアント様におかれましては、ライティングのご指導までさせて頂いても実践に移さないまま、数ヶ月が経ち、公開後実戦していれば、当初目指したキーワードによる上位表示も狙える範囲でインデックスされたのにも関わらず、現在は「社名検索」でも2ページ目以下(求人サイトや電話帳サイトが1ページ目)という結果になっている企業様がおられます。

ホームページによる集客は非常に効率的であり費用対効果を高く維持したまま続けることができる手法ではありますが、ホームページを集客するだけの道具と捉えてしまうと、制作費すら改修できないままという事例も少なくありません。

その昔、『ホームページは365日休まない、眠らない営業マン』と例えられていましたが、正にその通り。営業マンはセールスするだけが仕事ではありませんよね。お客様や地域との交流も行なえば人間関係も作りますし、プライベートにまで意識を向けます。また新規顧客獲得だけではなくアフターフォローだって行ないます。優秀な営業マンほど既存顧客を大切にするため、お得意様からの口コミが絶えないものです。

新規の刈り取りをメインにしている営業企業においては、営業マンの入れ替わりが激しいことを皆さんご存知のことでしょう。

このことはアフィリエイターが、ドメインを使い捨てにしていることにとても似ています。

過去、他の企業で優秀だった営業マンを引き抜き、くたびれるまで使い、成績が落ちれば首にする。過去評価を得ていた中古ドメインを購入し上位表示し続ける期間、また発リンクの質が落ちない期間だけ使い、その効力がなければ使い捨てにしてまた新たなドメインを仕入れる。

過剰な営業行為を行なう企業のセールスマンの中には訴訟すら起こす事例もあります。これはGoogleによるペナルティと言い換えられるでしょう。

こういった施策をGoogleがスパムとしアルゴリズムを進化させ検索サービスを提供しようとしている姿勢に、私は人間味すら感じます。

ぜひ、2015年はSEOをビジネスマナーとして捉えて頂き、御社の反映に繋げて頂ければと思います。

そのパートナーとして、松村をご指名いただけるととても光栄です。

tel@160

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください