公式サイトリニューアル

110

公式サイトをリニューアルいたしました。今回のサイトリニューアルでもやはり採用したのはレスポンシブWebデザインです。

今回のリニューアルに至ったきっかけは、いつも探している海外のWordPressテンプレート(テーマ)の中から、久しぶりに秀逸なテンプレートを見つけることができ、更に面白い機能がついていましたので、販売代行を行なうサイトなどでは無く、公式サイトに利用することにしました。

ただ、今回のリニューアルでは、迷いもありました。

それは、自然検索上位表示の成果を上げているサイトをリニューアルするのはリスクを伴うからです。

その理由は、ホームページのリニューアルを行なう場合、今回のようにWordPressのテーマを入れ替えて行なう場合は、各ページのソースレベルで大幅な変更が行なわれる場合もありますので、条件によっては順位を下げる可能性もございます。

特にデザイン重視でホームページのリニューアルを行なう際は注意が必要です。今回採用したWordPressのテーマは、その点においても優秀でしたので採用するに至りました。

更に今回のリニューアルは来年に向けいくつか新たな試みを加えました。そのひとつが、各記事内容に対する評価を頂くためのシステムを導入いたしました。

記事の参考性や文章の分かりやすさなどを星の数で評価頂けるようにし、私自身の改善にも繋げたいと考えています。また、積極的にコメントやご質問を頂けるよう、コメントを解放する記事を増やしていく考えであります。

昨今、WordPressの脆弱制を狙ったコメントスパムやトラックバックスパムという危険もありますが、これらのスパムに対して、プラグインでどこまで回避できるかと言う点も調査の対象とし、ご報告していく考えであります。

2014年は、何かと忙しさにかまけて、本公式ブログの更新が滞っておりましたので、2015年はSEOのことはもちろん、最近特に重視しているリスティング広告や第3のツールや媒体とのバランスを取り社内リソースに最適化させる乗算マーケティングに関してもお伝えしていきたいと思います。

自然検索上位表示対策だけに偏らず、またリスティング広告だけに偏らず、加えてFacebookやツイッターと言ったSNSにも偏ることなく、得意分野から最終的なホームページヘのトラフィックを増やし、コンバージョン率を引き上げ、費用対効果を改善していくための実践とサポートに邁進したいと思います。

また、今回のホームページリニューアルでは、各記事カテゴリーなどにおいて関連記事を探しやすくしました。

その理由は、特に2014年に感じたことですが、今年、Googleは様々な点においてアルゴリズムを修正したりアップデートを行なったり、はたまた「テスト」を行なっていたようです。ただし、自然検索の結果に必ずしも「新しい情報」が上位表示するとは限らないため、過去の記事を経由して当サイトにお越し頂いたほうが、過去にのみ通用していた「考え方」や「施策」だけを頼りに実戦されないように、最新情報を取得して頂き、成果に繋がる実践を実施して頂けるよう拝領させて頂きました。

【人気の投稿】や【一緒に読まれている記事】などを参考にネット集客で素晴らしい成果を手にして頂ければ幸いです。

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください