SEOで失敗するよくある事例

593
王道SEOの落とし穴

SEOで失敗するもっとも多い事例をご紹介します。

昨今のネット集客を考える上でSNSの活用は欠かせません。

しかし「SNSからだけ集客できるか!」と聞かれれば、SEO(検索エンジン最適化)と連動させてこそ、効率的で有意義なネット集客の実現が可能だと私は考えています。

SEOを意識されている方ですと、2012年から頻繁に耳にするようになったであろう「SEOスパム」や「ペナルティ」という言葉。私のところにも、Googleのペナルティを受けたので対策方法を教えて欲しいとご依頼くださるサイト運営者の方がたくさんいらっしゃいます。

その中で、もっとも多い『最適と言われるSEOを意識』するあまり、失敗してしまう事例をご紹介します。

王道と言われるSEO、ホームページ運営を行なっているのに陥ってしまう事例です。

あなたのサイト運営は大丈夫でしょうか。ぜひチェックしてください。

王道SEOは、更新頻度とサイトボリュームの2つじゃ足りない

SEOをご存知の方ならパンダアップデートやペンギンアップデートと言った言葉はご存知でしょう。今や被リンクを中心としたテクニカルな上位表示施策がことごとく通用しなくなり、次々と検索結果の圏外に追いやられているホームページが後を絶ちません。

2012年のこの現象から約2年が経ちましたが、その中で重要視すべきSEO施策の中に「ページボリューム」サイト内のページ数というものがあります。

実は、被リンク型のサイトで検索順位を下げただけならページ数を適切に増やすことでリンクを外さなくても復活した事例は多くあります

Googleの手動対策(人的なペナルティ)を施されたサイトではこの限りではありませんが、GoogleのWebマスターツールに特別なメールが来ていないのに順位を大きく下げたというサイトはこれから説明する施策を講じることで順位を回復させ、またアクセス数を増やすことが可能になります。

私がこの2年間で行なってきた「被リンク効果を復活させる施策」のひとつに100ページ近いオリジナルコンテンツをGoogleに認識(インデックス)させるという方法があります。

冒頭でお伝えした、王道SEOの「サイトボリューム」に該当します。

しかし、ここで重要になるのは「オリジナル性」です。

オリジナルコンテンツとWeb上でも様々なSEOコンサルタントが口にしているようですが、ここに3つの勘違いがあり、王道のSEOを実戦しているのに成果が得られないという症状を生んでしまっているようです。

では、この3つの勘違いについてご紹介します。

オリジナルコンテンツ3つの間違い

  1. 一時情報というオリジナル性
  2. 外部サイトに対するオリジナル性
  3. サイト内におけるオリジナル性

まず、一点目ですが、必ずしも「一時情報」という意味での「オリジナルコンテンツ」にこだわる必要はありません。

なぜなら、現代社会において「一時情報」を発信するに超したことはありませんが、世紀の大発明と言われる程の情報でない限り「一時情報」という意味でのオリジナルコンテンツなんて生み出せる方は非常に限られています。

きっと、このブログ記事においても「似たようなこと」はどなたかが言っていることでしょう。

次が、外部サイトに対するオリジナル性です。

これは1点目に指摘したことと重複するところもありますが、同様の内容を異なるアクセス者層に向けて発信することで、Googleの評価を得ることができた経験から、類似コンテンツであったとしてもアクセスの質、リンクの質にオリジナル性があれば「オリジナルコンテンツ」との評価を得ることが可能だと考えています。

現に、現在は更新労力の分散を避けるため、閉鎖致しましたが「http://matsumuratakumi.info/」というドメインで「店舗集客のためのネット集客」というサイトを運営し、Googleのコンテンツ評価指数でもある、ページランクで「4」を獲得していました。(2014年6月19日現在ですので、変化が起こっているかもしれません)。

このページランクというのは被リンクの質で操作も可能ですが、調べて頂いてかまいませんが、被リンクの質は非常に低く、そして数も然程多くありません。

最後に、もっとも多くの企業サイトでミスを犯している要素でもある「サイト内におけるオリジナル性」です。

重複した記事はサイト内に無くても類似コンテンツ扱いされることがある

ホームページのページ数を増やすことは被リンクパワーを最適化させることにつけても有効だということは冒頭でお伝えしました。ですから、多くのSEOコンサルタントも「ページ数を増やしましょう」と口を揃えています。

そして、ページに掲載する「記事は他のページと重複しないように」とも添えるので、追加されたほとんどのページに掲載されている記事は他のページには無いオリジナルなものです。

しかし、テキスト量が少な過ぎるため、サイドバーやフッター(ページ下部)などの共通部分の占める割合が高くなり、結果、サイト内における類似ページと判断されてしまうケースが多々あります。

一般のWeb制作会社や社内でホームページコンテンツを作成されている管理者の多くは、コーディング作業は行うが、記事原稿の作成は行なわないというケースが多く、結果ソースレベルでのオリジナル性に目を向ける習慣がありません。

また、制作途中の本文パーツにほとんどコンテンツ(テキスト)がないテンプレートファイルをサーバーにUPしてしまう、制作会社もあるようです。

「どうせ、検索には引っかからないから、アクセスは発生しない」とタカをくくっているようですが、「ヒト」には見つけられなくても、検索エンジンはリンクを辿ってそのページにたどり着きます。

その結果、コンテンツ自体は殆ど空の状態ですから、「質の低いページ」と判断し、そう言ったページにもサイドバーやフッターから主要ページにリンクが発せられていますので「リンク目的のページを増やしている」悪質なWebマスターが運営するサイトと判定が下ってしまいます。

こういったことを回避するために、私は「ソースレベルで80%以上のオリジナル性」が必要と指導しています。

このオリジナル性を確保するために「記事の文字数」を気にするわけです。

サイドバーやフッターなどの共通部分の内容にもよりますが、一般的な企業サイトの場合600〜800文字以上のオリジナル文章を書き足すことで、ソースレベルで80%以上のオリジナル性を確保できます。

 ページ内発リンクが多いホームページや共通部分が多いサイトに関してはこの限りではありませんのでご注意ください。

また、このブログ記事もそうですが、アーカイブ(「〇〇年××月」)を掲載している場合は、キーワード出現率として「年」や「月」が多くなってしまいますので、記事自体でロングテール・キーワードでの上位表示を狙う場合は、これらの出現頻度を下げるようテキスト文字数を確保する必要があります。

SEOコンサルタントの中には「年」「月」「円」などの単位は、出現率には関係ないという見解を述べられている方も少なくありませんが、どちらを採用するかは、あなた次第です。

因に私は「?」や「・・・」「!」などの記号に対しても注意を払うよう指導しており、忠実に守っているクライアントは確実に成果を上げています。

また、サイドバーのリンク内容やフッターにおけるリンク内容は、ページカテゴリーをサイト内でしっかりと構成しそれに沿ったリンク内容に改善するという改修方法もアドバイスしています。

この修正だけでも大きな改善が見込める場合もありますが、先述の通り「ペナルティを受けていないページ」に関しては有効ですが、最低でも、公開後2週間以上経っても、検索エンジンが認識していないページはペナルティを受けている、ページアドレスが死んでいると判断した方が良いでしょう。

如何だったでしょうか。あなたのサイト内で仮に100ページ以上あっても、アクセスが満足できる数字に達していないという場合でしたら、きっとページアドレスが死んでいるコンテンツが複数存在し、ドメイン自体が死にかけている可能性があります。

そう言った場合は、早急な対策が必要です。

そうでない限り、これまで名刺やチラシに印刷した「〇〇.co.jp」といった貴重などメインが、何をやってもあなたが希望するキーワードで上位表示できない状態になってしまいます。

万が一、このような状態になり、ドメインを取得し直すということも辞さなくなってしまう上に、そうやって破棄したはずのドメインが、中古ドメインを使いスクラップ&ビルドを繰り返す、心ないアフィリエイターやスパムSEO実践者に悪用される結果となります。

また、余談ではありますが、ロングテール・キーワードでの上位表示を狙う場合でも、そのキーワードで実際に「今」上位表示しているライバルサイトをチェックしなければ、数日前、Facebookでも話題になっていた大手の東京メディアのような失敗を犯しかねませんので、ご注意ください。

ネット集客やSEO、ペナルティからの改修などのご相談は下記からお問い合わせください。

無料の60分間電話相談も予約制ではありますが実施しております。

問い合わせ

ads by Google

前の記事プロフィールページの重要性
次の記事ライティング指導
堺ブレイザーズ(旧新日本製鐵バレーボールチーム)を引退後、様々な職業経験を積んだのち2010年に起業。ネット集客サポートのほか、ホームページの自社作成&自社運営の指導(企業内WEB対策チームの養成)を行う。この公式ブログでは、WEB活用だけでなくマネジメントや働き方改革、選挙と政治など様々なジャンルの情報発信を行っている。2018年9月から自ら働き方改革を始め、派遣の港湾労働者として現場の働き方改革の体験を始めている。 10数冊の著書があり、自らも出版事業を始め"WEBと出版をつなぐ新たなカタチ"を導入したコンテンツ・マーケティングを提供している。

ご質問やコメントをお寄せください。