店舗の集客でのネット活用

270

店舗のネット集客で大きな課題となる1つが、サイトやブログの更新頻度。

店舗を営んでいると接客が必要で個人商店舗となると、なかなかネット集客作業にまとまった時間を取ることができません。

このため元来、今のようにネット集客が一般的になるまでは、広告代理店にチラシや雑誌広告をお願いし、集客のそれを広告代理店にお願いするのが一般的でした。

その後、インターネットが普及しケータイ電話をピッとかざして空メールを送信して登録するメルマガを使ったリピートを促す戦略が流行りましたが、現在は見る影がありません。

この場合も新規集客ではなくあくまでもリピート。

今もなお、新規顧客獲得には忙しく時間が取れない個人商店舗において紙媒体や広告代理店に任せる集客が大半をしてる現状が続いています。

店舗の集客でのネット活用でクライアントに勧めているのがブログ戦略です。

ワープロソフト(マイクロソフトワードなど)を使い、隙間時間に記事を作っていく。

そして、幾度かの隙間時間で1つの記事を書きあげるか、閉店やお休みの時に記事を書き貯めたり、ブログの予約投稿を使って情報を発信していく。

しかし、これまではこのブログの更新をインターネット上に発信するのは、RSSという未だになじみの少ない手法しかありませんでした。

ブログを1つ更新すれば1か所に更新通知を上げるだけだったわけですね。

そして、昨今ツイッターやフェイスブックの普及から、この1つのブログ記事を幾度となく、通知することが可能になりました。

ブログの更新通知をツイッターに上げるブログの更新通知をフェイスブックの個人アカウントに上げるそして、ブログの更新通知をフェイスブックページのアカウントに知らせる。

これで1つの記事を3ヶ所に通知することが可能になりました。

店舗の集客でのネット活用の秘訣は1つの作業にレバレッジをかけることです。

これを「コンテンツリサイクル」と呼んでいます。

更に、フェイスブックやグーグルプラスを使えば、記事の更新通知、記事への「いいね!」クリック、グーグルプラスの+1ボタン

ブログにフェイスブックのコメントプラグインを使えば、幾度となく1つの記事を短時間でリサイクルできます。

ぜひ、皆さんも実践してみてください。