ナチュラルマーケティング

70

ここのところ、サポートやコンサル、打合せばかりで自分のブログや情報発信ができていませんでした。

そして、床屋にも行けていませんでした。

昨日、数カ月ぶりに床屋(って言ったら怒られる「美容室」)へ行ってきました。

来週から、外出や大学での講演の他、東京出張など外に出ずっぱりになるのでダルメシアン張りの白髪頭では先方に失礼だと思い、毛染めに行ってきました。

散髪は元来自分でしてるので、リフレッシュも兼ねて数カ月おきに美容院にお邪魔します。

今回お世話になった美容院のオーナーが大好きなんです。

凄く純朴な方ですが、芯を強く持っている方。

私自身の時間が取れるのなら隔週で通いたい美容院でお話をしたいオーナーさんです。

因みに洗髪をしてくださる女性の方も、凄くステキ!

失礼かもしれませんが、女性的にステキという下世話な話ではなく(いや、女性としても魅力的ですよ)機転がきくアップセルを行ってくれて、心地よくヘッドスパとか重ねてしまう自然な会話センスをもっている方なんです。

そしてカットから白髪染めをしている2時間弱。

屈託のない意見と集客やネット活用に関する疑問をぶつけてくるオーナーに私は素直に応えたくなりました。

通常、コンサル費用やサポート費用をいただかないとお話ししない内容を「話したくなる状態」に自然にしてくれるオーナーの雰囲気に、私は毎回学びを得ることができています。

当たり前のことですが、私はカットとカラーの代金を支払い、集客アドバイスや現状の改善アイデアをお話しさせていただきました。

嬉しいことに数ヶ月前にお話ししたことをスタッフの方々にもお話しされ地道にリアル集客、いやナチュラルマーケティングを実践されているようです。

集客とか、マーケティングとか戦略、戦術などとそれっぽい専門用語がありますが、この美容院は、裸の状態でそれを自然に実践されています。

結局は純朴な顧客とのコミュニケーション。

キレイごとに聞こえるかもしれませんが、単なる金もうけではなく、自分の持てる責務を最大限果たしつつ顧客のメリットを素直に引き出す応対。

これが、今回の記事を書かせた口コミ力。

ではなぜ、その美容院のWebサイトを紹介しないのか。その理由は、サイト閲覧になれた多くの方にとってはお金をかけていないHPを見た瞬間に、違う尺度でこの私の大好きな美容院を判断してしまうからです。

ピーター・F・ドラッカーは言います。

「最高のマーケティングは、セールスを消滅させる」

セールス行為が必要になっているのならマーケティングの手法を足していく必要があるでしょう。

しかし、現状でセールスプロセスを消滅させることができているのなら余分なマーケティングプロセスに労力とコストをかける必要はない。

この美容院はWeb戦略を現状かけることが必要ないからHPにお金もかけないしFBもやらない。

もし、私が大好きなこの福岡県福岡市南区にある美容院に興味を持ってくださったのなら、下記よりメッセージください。

いくばくかの交流の後、ご紹介させていただきたいと思います。

松村工のfacebook

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください