ネット集客でよくおこる現象

250

こんにちは、店舗ビジネスのネット集客と顧客常連化の仕組みを情報発信!
松村です。

昨日、『ブログ底力養成講座:アフィリもネット集客もブログ力』という無料マガジンを創刊しました。ご興味を寄せていただけましたら、下記よりご登録ください。

新創刊もネット集客メルマガはこのくらいにして、本題に入りましょう。

ネット集客でよくおこる現象って何だと思いますか?

それは…。
【早すぎる参入、遅すぎる撤退】です。

よく云われる言葉で耳にしたことがある方も多いかと思います。特にネット集客において、オンラインビジネスよりもオフラインビジネス。さらに言えば、店舗型のビジネスでよくおこってしまう現象です。

なぜかというと、店舗と云うのは完全予約制でない限り、いつお客さんが来店するかわかりません。接客後のコーヒーを片付けている時に、次のお客さんが急に来店され気まずい雰囲気にお互いなってしまった経験をされた方も多いでしょう。

私もファイナンシャルプランナー時代に良く経験しました。

そうなんです、ネット集客ノウハウやテクニック、特に昨今ではfacebook活用に関して、現状の顧客層やビジネスモデルとの適正度を見誤り、最も得意な集客法を捨て去り、評判の集客法に乗り替えようとしてしまいがちなケースを頻繁に見かけます。私がサポートの依頼をいただいた際に、まず、一番初めに目を向けるのがココなのです。

「今、ネット集客を始める必要があるのか」

地域密着型の店舗ビジネスの場合、広告代理店や折り込み業者などと人間関係や長年の付き合いから、一般価格よりも安く広告を出稿できたり、知り合いのお店に無料でポップやチラシを置かせていただけるといったケースも少なくありません。紙媒体をアレンジすることで集客効果を飛躍的に改善できることも少なくないわけなんですね。

文字で会話することと声で会話するのでは、明らかに違いがあります。

ネット上のコンテンツを使い集客効果を落とさず、コストを下げることができる方法は何か、ネットでコストをかけず、今持っているスキルをそのままオンラインで転換できることは何か…。現状のオフライン集客で最も得意な方法は何か

この3つを見極めることがとても重要です。

脅かすわけではありませんが、Webで8年間も成功と大失敗を繰り返してきた経験から云えることがあります。オンラインもオフラインも同じで基礎となる土台の盤石度で、その成果は左右します。まして、今やオンラインのみでビジネスを行っている個人や企業が数多あります。

オンラインにはスパムやウィルスなどが存在します。

また、匿名活動が可能なのもオンラインならではです。

さて、貴方ならご自身の顧客をどうやって守りますか?ネットを使う理由、ネット集客力を身につける理由。

それは、既存顧客と貴方が守るべき新規顧客に貴方の存在を伝えることです。

それがソーシャルメディアコミュニケーションだと私は思っています。

追記
貴方のご意見をお聞かせください。

貴方のアイデアや思いが、ネット回線を通じオンラインの向こう側にいる方の新たな気付につながります。
そして、その方からのフィードバックが、貴方のさらなる気付とアイデア発想の種になります。

私はこれまでそういった体験を数多くしてきました。
ぜひ、貴方にも味わっていただきたい。

頂いたコメントにはすべて返信させていただきます。

コメントをありがとうございます。
松村 工

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください