ひやかし客をネットでサポート

60

こんにちは、店舗ビジネスのネット集客と顧客常連化の仕組みを情報発信!
松村です。

店舗ビジネスのネット集客が今注目を集めています。

それも特にfacebookによるネット集客。

facebookは個人名を公開したソーシャルメディア。

社交的で公共の場であるということを考えれば、ここで新規顧客獲得に尽力するのはナンセンスだと言えます。

また、facebookは「コミュニケーションツール」だとも表現されますね。

同様に以前はTwitterが顧客コミュニケーションツールだと言われていましたが、最近はfacebookに押され「Twitterは使えない」なんて声もチラホラ。

Twitterが顧客コミュニケーションに使えるかどうかはさておき、Twitterもネット集客に使えることは言うまでもありません。

Twitterでネット集客を試みる場合には2通りありますが、今回は既存顧客をネットでサポートし、更なるネット集客に繋げるというテーマに沿って、お伝えしていきたいと思います。

来店される方には、飲食店や美容関係の店舗を除くと、『ひやかし客』と呼ばれる、ちょっとふらっと立ち寄ったお客さんと言う方もいらっしゃいます。

この方たちが常連顧客になったらうれしく思いませんか?

そのためには、店内やお店の入り口などに店舗のfacebookアカウントページへアクセスするQRコードや検索キーワード、Twitterアカウントなどを目立つように掲載します。

fasebookでは、特に「いいね!」をクリックすると画面を切り替えられる仕組みが使えますので、facebookページにアクセスすれば特典を差し上げますといったオファーも一緒に掲載しておきましょう。

Twitterではできないのか?

そう思われる場合もあるかもしれませんが、Twitterの場合は外部アプリケーションなどを使って、フォローしてくださった方にメッセージを送って特典を指し上げるという方法があります。

また、一般的にはfacebookやツイッターを始めたくても始められない、どうやって登録したらいいのか分からないという方も少なくありません。

そう言った方々に登録の仕方などを説明したプリントも添えると、今までとは全く違った角度から、集客できるようになります。

飲食店や美容関係の「ひやかし客」がない場合は、メニューに掲載しておき、可能ならその場でfacebookやTwitterに登録してあげるというサービスを始めても成果が上がります。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

補足
ただ単に

  • facebookやってます
  • facebookの「いいね!」クリックで○○プレゼント
  • facebookのファンになって、××キャンペーンに参加

こんな提案ではなくひと工夫入れることで、確実にネットの外からネット集客することも可能です。

これが店舗ビジネスの強味を活かしたネット集客です。