店舗のネット集客

168
ネット集客

店舗へ来店を促すためのネット集客を実践するに当たって、店舗ビジネスの最大の強味とは一体何でしょう。

それは、「店舗がある」ということです。

当たり前のことですが、これがオンライン完結型のビジネスとは大きな違いであり、最大の特徴です。

ココを見落とすと、ネット通販やネット完結型のサービスに顧客を連れ去られてしまいます。

例えば、グル―ポンなどの「割引狙い」の顧客しかネットから集客できず、常連顧客、ご贔屓顧客への転換が難しくなってきます。

クーポン顧客に対しては、クーポン顧客用の仕組みが必要なんです。

そして、この仕組みなのですが、多くの場合【仕組みがあってはじめてネット集客ができる】と考えがちですが、ここに大きな誤解があります。

経験上、仕組みがなくてもネット集客は可能です。

仕組みができていなくても、ネット上のコンテンツにアクセスを集めることができれば、集客し来店に導くことは可能なんです。

仕組みが必要なのは、このネット集客の効率を上げる場合と、常連顧客へと転換させるため、そして口コミ紹介などを増やすためにネット集客の仕組みが必要になります。

逆を言えば、ネット集客に常連顧客化への仕組みが備わっていなければ、もしくは、紹介を頂くための仕組みがなければ、常に新規顧客を刈り取るようなネット集客になり下がってしまうわけです。

更に、このネット集客から常連化への仕組みですが、ネット集客ができなければ、仕組みを作ることはできません。

この場合、新規顧客にこだわる必要はまったくありません。

どういうことかと言うと、2回目以降の来店をネットから促すことに集中して行うと、既存顧客からのアクセスをまず獲得することができ、既存顧客からのレスポンスを持って、顧客に届く訴求内容が見えてきます。

こう言った実践の蓄積からお店とマッチした顧客層というものが見えて来て、そこではじめて新規顧客にも刺さる訴求内容が生まれてくるんですね。

その新規顧客にも刺さる「であろう」訴求内容が生まれて初めて、ネットで新規顧客を集客することに手を広げる。

これが、一番早いネット集客成功の秘訣なんです。

追記
2回目以降の来店を促すネット戦略を実施することで、実は新規顧客もネットで集客することは可能です。

その理由は、明確な顧客層を把握していれば、既存顧客以外にもそのメッセージは刺さるからなんです。

後は、アクセスを集めることに集中すれば良いだけとなります。