2014年のSEOはどうなる?

65
メールマガジン

先程、メルマガの原稿をセットしました。

本日の18時頃からメルマガは配信されるのですが、今回のタイトルは「SEOは2014年どうなるのか!」です。

私自身、ネット集客やSEOの実践はかれこれ15年以上経つわけですが、仕事としてSEOを調査したりホームページの作成や活用法、ネット集客のお手伝いをするようになったのは2010年に起業してからになります。

2010年8月。福岡に帰ってくるきっかけとなった会社を辞め、何のあても無く起業。起業と言えば聞こえは良いですがリストラ同然でしたので資金もありませんし、ましてや23歳で就職で福岡を離れ大坂へ。そして家族4人(現在は5人)、生後半年の次女を連れ静岡から13年ぶりに福岡へ戻ってきたわけですからツテも頼れる人もゼロでした。

あったのは17インチの重たい重たいDELLのノートパソコンだけ。

そんな状態から、アフィリエイトで成果を上げるためにホームページやコンテンツを作成し、ちょうど流行っていたTwitterを使った集客とSEOを始め、その後、様々なご縁でSEOに対する造詣もテクニックも、中にはブラックと呼ばれるであろう手法も身に付け、その是非と成果を実践、調査してきました。

記事代行気付けば、起業後始めて作った公式サイトである「記事代行ドットコム」は開設以降メインキーワードでは検索順位1位を2年以上続け、12月のページランク更新では5を獲得。

少ないアクセスであまりあるお問い合せやコンバージョンを頂くサイトにまで成長しました。

このサイトを運営する中で、問い合わせ後の顧客対応に関して経験を積み上げ、そしてそこから派生させる必要のある専門サイト構築。

そこから発生する社内関連サイト同士の相互リンクから着想する相互リンクによるSEO外部対策とそれ以外の外部対策の違いなど、様々な経験とデータを蓄積するに至りました。

2012年はSEOの見解を広める年だったとすれば、今年2013年はそれらを精査する年だったように感じます。

お付き合いさせていただく方々を思い返せば、ブレずに邁進される方々と今もお付き合いさせていただけていることに感謝するとともに、振り返ってみると今年、どうしても疎遠になってしまった方々というのは、好奇心旺盛な方と言いますか、ブレを感じさせる方々も少なくなかったように感じます。

SEOも然り、ブレない方針が成果を出す時代に入ったと思います。

これは今や検索エンジンGoogle一極時代と呼ばれるまでになった、Google自体がブレずに検索エンジンの役割を求め続けてきた必然的な流れではないかと思います。

具体的には18時配信のメールマガジンに記していますが、私自身2010年に立ち上げた記事代行ドットコムは、それ以前の10数年間に実戦から試行錯誤して生まれたコンテンツ作成ノウハウによって構築されたホームページです。

2014年のSEOも何も変わらないでしょう。しかし2014年の上位表示対策は大きく様変わりするでしょう。

ただ、私は変わらず、ブレずに2014年も励んでいきたいと思います。

また年内の更新はあるかと思いますが、良い年末年始をお過ごしください。