アクセスを安定させる方法とは

945
アクセスを安定させる
アクセスを安定させる

ネット集客力を付ける為に何が必要ですかというご質問をよく頂く事があります。

言葉は違ってもホームページのアクセスをあげる為にはという問いや、検索順位で上位を取るにはなど、言葉は違えどホームページへのアクセス数を上げる「できる限りコスト」のかからない方法に関して、ご質問やご相談を頂きます。

さて、アクセスを安定させる方法と題して、今回記事を書いていますが、実はアクセスは「上げる」事よりも「安定させる」ことが重要だと私は考えています。

実は私、計算できない事が嫌いなんです。

だからといって、計算や試算を行なうのが好きなわけではありません。

ネット集客やSEOというのは、特にSEOというのは、そのメカニズムはGoogleのさじ加減ですので不安定きわまりないお仕事です。でも、実は安定させる方法はたくさんあります。

この「安定させる」という言葉の解釈にもよるのですが、私は検索順位やアクセス解析に表示される実質的なアクセス数の安定以上に、作業工数と成果の安定をもたらす、もしくは向上させる事を目的にこの「安定」という事を推し量っています。

どういう事かと言うと、極論ですがアクセス数が伸びてもその分作業数が増えていては意味がないと考えますし、アクセス数が落ちても収益が安定していれば気にしないということです。

そう言う事が可能なのかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はWebの世界、デジタルワークの世界では可能です。

可能と言いますか、このデジタルワールド、Webの利点である、物質的な制限の無い利点を活かさなければ、Webの活用で成果が上がっていると感じれる事は無いでしょう。

どういう事かと言うと、Webの世界では無尽蔵に「蓄積」が可能なわけです。

逆を言えば、「一定期間頑張らなければ何も生めない」ということです。

ただ、一定期間の蓄積はレバレッジの効いた世界で倍々ゲームに進展していくという事なんです。

そこで、アクセスを安定させる方法ですが、SEOはGoogleのさじ加減ですので安定させるには、それなりのWeb知識が必要です。

例えば検索エンジンに作用するがGoogleからの作用を受けない媒体の活用が必須と言えます。

PPCはまさに検索エンジンに作用しますが、Googleからの作用は受けませんね。アドワーズはGoogleのサービスですので多少は受けますが、広告のルールを守れば、後はライバルとの入札価格の問題ですし、上手に活用すれば単価は下がりますね。

Yahoo!広告やその他のPPCは有料のアクセスですので、費用面で赤字さえ出さなければ、安定したアクセスをもたらすことが出来ます。ただし、私はPPCは余り好きではありません。その理由は長くなりますので簡単にだけ申し上げておきますが、その理由はSEOと被ることが多いからです。

実はもっと理にかなった有料のアクセスがあり、冒頭で踏まえた「蓄積」ができ、検索エンジンに作用するもののGoogleからの作用を受けない方法があります。それが、ここ数ヶ月面白くては待っているFacebookの広告です。

詳細を文章だけで表現するのはかなり至難の業ですので割愛しますが、Facebookを使った広告はFacebookの利用感覚を180度覆してくれました。ただし、かなりマニアックな使い方になりますし、それなりの仕組みも必要となります。

関連し合うホームページとそれに共通するFacebookページ。もちろん、Facebookにはリアルな繋がりも必要ですので、リアルな活動が不可欠です。

しかし、引きこもりでもない限りリアルな活動を通じ、仲間に喜んでもらいながら自身のビジネスも飛躍させることはこのFacebook広告で可能です。

Facebook広告は1000円からでもはじめられますので、皆さんもぜひ研究してみてください。現在いくつかの検証も含めて実戦していますので、またご報告もさせていただこうと思います。

ただ、方法は学んでも外注化するのは、余りおススメできない方法というのは変わりありません。

ads by Google

前の記事ネットリサーチを使ったコンテンツマーケティング
次の記事ネット活用のためのお金のお話
堺ブレイザーズ(旧新日本製鐵バレーボールチーム)を引退後、様々な職業経験を積んだのち2010年に起業。ネット集客サポートのほか、ホームページの自社作成&自社運営の指導(企業内WEB対策チームの養成)を行う。この公式ブログでは、WEB活用だけでなくマネジメントや働き方改革、選挙と政治など様々なジャンルの情報発信を行っている。2018年9月から自ら働き方改革を始め、派遣の港湾労働者として現場の働き方改革の体験を始めている。 10数冊の著書があり、自らも出版事業を始め"WEBと出版をつなぐ新たなカタチ"を導入したコンテンツ・マーケティングを提供している。