Facebookで情報発信の考え方が変わる

244

福岡で店舗ビジネスのWeb活用を支援するブログをいつもご覧いただきありがとうございます。

Facebookの本格活用をはじめ、ツイッターとの違いを実感する日々が続いている今日この頃です。

「2012年更なる二極化が始まる」 という大それた予言染みた記事を目にして3年経ちますが、この二極化にFacebookとツイッターが絡んでいると感じるのは、マーケティングを実践し学ぶものでしたら私だけではないかと思います。

なぜ、Facebookが今後更なる二極化を招くのか…

Facebookの映画以降、Facebookをビジネスに活かしたいと考える経営者や店舗オーナーは後を絶ちません。

しかし、以前ツイッターから始める低コストネット集客のアメブロでお伝えした通り、 Facebookのツイッター化を最近顕著に見かけます。

マーケティングとは、顧客への約束であり、ビジネスとは顧客へその約束を継続的に推敲すること。このことに何の間違いはありません。

しかし、何を約束するのかが明確でない限り、誰に約束するのかが明確でない限り、そして、どこで約束するのかが分かっていない限り、ブランドや信頼性は低下し、繁栄する企業と衰退する企業という二極化が始まります。

無料で使えるから、無頓着に情報を発信する。

顧客への約束を忘れて情報を発信する。

そして、誰に対して「約束」をしているのか、もしくは誰に対して「約束を守る」ことをコミットしているのか…

Webは無条件に公開された場であることを忘れ、Facebookやツイッターをはじめとする公開型コミュニケーションツールを無頓着に使うユーザーがが経ているのも事実。

あなたが、ちょっとこの事に配慮するだけで、この混沌とした情報社会の中で淘汰されることなく、選ばれる存在になることは間違いではないでしょう。

元来、ブログはアクセスを「集める」ために利用されてきました。

そのため、多くの方に受け入れられる記事を書きSEOに配慮した文章構成を施せるブログ管理者やPPCを使ってアクセスを集めることができる人物が、その目的を達成することができていました。

しかし、確率論。

Facebookの機能を見ていくと、この図式が壊れるのも時間の問題だと強く感じています。

なぜ、そのように感じているのかという理由は、低コストネット集客CのFacebookアカウントでお伝えしたいと思います。

まずは、下記からFacebookページをご確認ください。

随時、下記アカウントにてFacebook限定記事を配信していきますので、ご活用頂けると幸いです。

▼下記バナーをクリックしてボナッポのFacebookページへアクセスください。▼

ads by Google