ネット集客、なまじ知識があると高くつく

260

ネット集客のお手伝いをしていると、SEOやホームページ作成に関わらず、あらゆるマーケティング支援の場で【費用対効果】を求められます。

そこで、ネット集客の知識があろうがなかろうが、皆さんできることなら「お金を余りかけずに始めたい」と思われます。

しかし、なまじネット集客のことやSEOの知識や「聞いたこと」がある事項が多いと、【ネット集客=費用対効果が高く、労力も少なくて済む】という一面にすぐに結びつけてしまうと言った傾向があるようです。

もちろん、ビックキーワードで1位を獲得し続けられれば、一定以上のトラフィックが生まれ、それなりのセールスページだったとしても、それなりの収益(売上)が一定レベルで生まれることはあります。

しかし、そのようなビックキーワードで1位を獲得し続けるにはSEOの知識と技術、そしてWeb資産を運営する力と生み出す力が必要のなります。

これは、言わずもがな、外注すれば高くつきます。

逆に、ネット集客を始めるまで、とことんリアル重視でやってこられた方だとどうなるか。

多くの方がWebだろうとリアルだろうと、そんな簡単に、手放しでお客様に満足頂けるわけがないということをご存知で、特にリアルを得意とされる方は、ご自身やご自身の会社が「最ももてなすことができるお客様」と言う方々を熟知しておられ、そう言った事項をホームページに盛り込むまでにそんなに時間がかかることがなく、ホームページを立ち上げた後も、リアルでの活動を疎かにされませんので【ネットへ集客する】というネット集客を見事に実現されます。

そして、現在はSNSの時代。

リアルなお客様は、SNSを楽しまれている方が多く、リアルのお客様をネットへ集客し、そのお客様のネット上のお友達をネットで集客(ネットコミ)してくださるという流れが生まれます。

SEOやSNS活用、という言葉やテクニックばかりに気をとられると、この辺りが疎かになっていて、ホームページにコストをかけたとしても運営がままならず結果が出ないということになりますし、ネット依存、「楽がしたい」「手放しで集客したい」といった雑念が多いとホームページにコストをかけることすらできず、小銭を垂れ流してしまうケースが少なくありません。

逆に、なまじっかWeb活用の情報が入っていると、コストに対して間隔が着いている分、またネット上の専門用語に耳が慣れていると、なぜか実戦している気になり、大きな(実業とかけ離れた)ところばかり観てしまい、大枚をどぶに捨てることは少なくありません。

ネット集客の情報やテクニックは、まず深堀することが重要です。

そして、もともとインターネットがなかった時代にリアルで行なっていたものを「時間」「距離」といった壁を乗り越えるためにこぞって使われ広まったのが、インターネットなのです。

言うなれば、ネットを使ったところで短縮できるのは「時間」と「距離」の2つしかないと思っても過言ではないくらいなのです。