ネット集客と電話営業

1008

本日久しぶりに、あの有名なインターネットサービス会社から電話営業がかかってきました。

ネット集客と電話営業の関係は過去にもお伝えしてきましたが、初回接触が電話営業などのリアルアプローチまたは、ゲリラ的でプッシュ型のアプローチを行うSEO会社やネット集客サポート会社はあまりおすすめできません。

リスティング広告代行会社もそうですね。

その会社が御社をサポートする方法とは別の方法であなたにアプローチしてきているのですから、成果が出るかどうかは明白だと私は考えます。

しかし、ネット集客と電話営業の関係は次のような形で捉えることも可能です。

検索スキルやインターネット活用に慣れ親しんでいない方へのサービス提供として行う電話営業です。

一見、助け舟のような感じもしますが「インターネット広告のサービスで〜」や「ネット集客のサービスで〜」などという切り込み方よりも、もうちょっと嗜好をこらしたアプローチで切り込んできてもらいたいものです。

今回は「御社のホームページを見て」と切り込んできましたが、そのホームページがどんなキーワードで上位表示されているのかまでは確認していないことは明白でした。

ようは、SEOを知らない企業に独占広告を売りたいだけの電話営業だったわけです。

SEO会社と言ってもサービス内容は様々ありますので、ちゃんとホームページを面倒くさがらずに見てから依頼するかどうかを決定しましょう。

例えばSEO会社には次のようなサービスがあります。

  • リンクを販売する会社
  • 任意のキーワードでの検索上位表示を成果報酬で売る会社
  • SEOの方法をアドバイスしたり相談に乗るコンサルタント
  • SEOの商品を売るだけのSEO販売代理店
  • SEOとセットで広告を売る会社

などなど

リンクを販売する会社といってもこれまた多いので次回に譲りますが、購入する際には、そのリンク元を提示していただける会社にしておいた方が良いでしょう。

私の個人的見解としては、Webコンテンツというのは、一度作ってしまえばご自身で削除しない限り消えてなくならない「消えない資産」ですので、電信柱の広告のように掲載期間中はず〜っとランニングコストがかかるようなサービスは如何かと思います。

例えば、下記の検索順位結果をご覧ください。
research-seo-yahoo

私が運営しているインターネット調査のリサモビというサイトは上の図の通り1120万件中2位にランクインし、1位は大手のリサーチ会社でソースを見れば一目瞭然ですが、ネット集客とSEOにかなりのコストを投じています。

3位には独立行政法人様のサイト。

4位以下にはNTT、民間のリサーチ会社、gooリサーチと続き、その先のも権威あるホームページが並んでいます。

SEO 実績

このサイトは公開した10月26日から2ページ目に落ちること無く本日まで上位表示をし続けていますので、今後も同様の運営でそれほど順位を落とすことも無いでしょう。(ただ、1位をとれるかどうかは別の話です)

さて、このインターネット調査のホームページに施しているSEOにどれほどのコストがかかっているでしょうか。

SEO対策のチェックツールで確認していただければ分かる通り被リンクの数も少ないですし、有料のカテゴリー登録サイトへの登録も行っていません。

他の1ページ目に表示されている大企業のウェブサイトと比べていただいてもページ数は30分の1以下しかありません。因にこのサイトは976万件中1位にランクインしています。もちろん、SEO対策やネット集客にかけるランニングコストは先のインターネット調査のホームページ同様にほとんどありません。

強いて挙げるなら、記事を更新する私の労力くらいです。

ネット集客のサポートとして起業しおかげさまで2年が経過しました。

その中でハッキリ言えること。

まずは、ネット集客における知識とスキルを身につけることが重要です。

その上で、労力をかけることができれば、ご自身で対策を行えば良いですし、そう言った労力は外注した方が費用対効果が高かったりしますので、外注するのもよいでしょう。

こう言ったランニングコストは無駄になりません。

ただ、繰り返しになりますが業者の質を見極めることができないまま、プロっぽく見えるからという理由だけで、アウトソーシングしてしまうランニングコストは無駄でしかありません。

そして、それが本当のプロだったとしても、あなたが適切なネット集客のスキルを身に付けていればさらにコストを抑えてお客様と出会うことが可能になります。

そうです。

例えば立った一人で、ネット集客に一銭もランニングコストをかけずにただ、最適な知識と情報を得ることにだけ投資するだけで、知識という消えない資産とWebコンテンツという消えない資産がいつまでも、お客様を連れてきてくださるという。

集める集客から、集っていただく集客に転換できるようになります。

今回も長文の記事を最後までお読みくださりありがとうございます。

2013年は、あなたにとってもネット集客成功の年でありますように!

ads by Google

前の記事SEOで出来ること
次の記事リサーチとホームページSEO対策の関係
堺ブレイザーズ(旧新日本製鐵バレーボールチーム)を引退後、様々な職業経験を積んだのち2010年に起業。ネット集客サポートのほか、ホームページの自社作成&自社運営の指導(企業内WEB対策チームの養成)を行う。この公式ブログでは、WEB活用だけでなくマネジメントや働き方改革、選挙と政治など様々なジャンルの情報発信を行っている。2018年9月から自ら働き方改革を始め、派遣の港湾労働者として現場の働き方改革の体験を始めている。 10数冊の著書があり、自らも出版事業を始め"WEBと出版をつなぐ新たなカタチ"を導入したコンテンツ・マーケティングを提供している。