ステップメールを使い収益を自動化

50

いつも、ブログをお読み頂きありがとうございます。リスティング広告とSEO対策のバランスを最適化したネット集客を実践する松村です。

今回もリードコンサル提供のネット集客14日間集中プログラムから引用したいと思います。

このネット動画無料セミナーは年内解放されているようですので、もしご覧になられていない場合は、下記よりご登録し、ご覧になってみてください。

1テーマ15分の動画セミナーの中で簡潔に各テーマを解決してあります。

ツイッターとの連携もありますので、ツイッター内でネット集客のルールをご覧になられている方との情報共有も可能です。

ステップメールとは、複数回のメールを自動で指定した時間に配信するメルマガのことです。

インターネット上で見かける「メール講座」や「メールセミナー」というのは全てこのステップメールで組み立てられています。

どう言う仕組みかと言いますと、ご登録頂いた際には、登録確認のメールが届きますよね。

その後、翌日に2つ目のメールを、そして3日目には3つ目のシナリオをといった流れで、予め原稿を書きためておき、ご登録して頂いた方に1回目のシナリオから順番に配信することができるわけです。

メルマガとは違い、「1つのストーリー」をご提供できるということですね。

ステップメールの配信には使い放題のステップメール「アスメル」さんなんかが有名ですね。その他には、メール配信完全サポート「激メール」さんなんかも最近は人気です。

ステップメールを活用して、収益を自動化することは可能です。

どう言うことかというと、』ステップメールの入り口にさえ潜在顧客を連れてくることができれば、後は事前に準備したシナリオをご登録された方がお読みになり、購入を決めていって頂けるからです。

もちろん、その成約率というのは、ステップメールの出来次第ということになります。

そこで、成果を上げるステップメールのコツは、まず、どのタイミングでステップメールを使うかということが最も大切となります。

ネット集客14日間集中講座の中では、「顧客化の3ステップ」の中にある

  1. 認知
  2. 理解
  3. 共感

この3つの内、(2)の「理解」から(3)の「共感」のステップでステップメールを使うことが有効だとお話しされていました。

1)の「認知」にはPPC広告やツイッターを使うことが有効です。

ツイッターやPPC広告のリンク先をステップメールの入り口(登録フォームが設置してあるランディングページ)に設定しておくわけです。

そして、ステップメールの中で

  • 商品やサービスの説明
  • 商品やサービスを使うことで得られるメリット

などを伝え、ステップメールの終盤でセールスページへの誘導を喚起するわけです。

このシナリオを書くときの注意点が上記3つです。

最も大切なことが(1)の「ゴールから逆算して設計する」ということです。

どう言った悩みや欲求を持っていらっしゃるどういった顧客属性にその商品やサービスを提供することが、あなたにとっても、そして購入者にとってもメリットになるのかを鮮明に設定し、シナリオを作ることで(3)の感情の起伏は自然と起こります。

シナリオを設計する段階で、(2)の1シナリオ1テーマを守っていけば、ステップメールは必ず機能します。

ここでお話しした「必ず機能する」というのは、必ずしも「売上に直結」 するわけではないということです。

ステップメールの入り口を複数準備することで、どの入り口からステップメールに誘導することが最も有効なのかということが計測でき、その後の販売活動の指針を示してくれます。

ここでお分かりのように、はじめからステップメールで「売上」という成果を出すことは稀だということです。

既にご自身のUSPが明確で、どう言った方々にどういった切り口でオファーを出すことが最も効果的なのかということを踏まえている場合は、効果を期待できますが、世の中の悩みや欲求というものは流動的ですので、ステップメールを使いその結果からUSPの補強を行うことも可能です。

ぜひ、ステップメールを利用してみてください。

ステップメールの活用に関して詳しくお知りになりたい場合は、下記よりお問合わせください。

追記
ネット集客のルール14日間週中プログラムは12月いっぱい公開されているようです。