本日は、2017年3月26日日曜日です
Home ネット集客 ネット集客とPDCAサイクル

ネット集客とPDCAサイクル

皆さんもご存知のPDCAサイクル。

Plan
Do
Check
Act

言葉を知っていても、DoとActionを区別できていないケースも少なくないようです。

Wikipediaによると以下のような和訳になっています。

計画
実施・実行
点検・評価
処置・改善

ネット集客においてもこのPDCAサイクルは重要だと考えているのですが、,span class=”text_bgc_red_kakomi”>実は経験則でお話しすると私の場合は「Delusion(妄想)→DDCA」になっています。

これは一巡目だけに言えることなのですが、まずDelusion(妄想)から始まって、頭の中で成功へのステップをイメージします。

一般的には、ここから目標設定などが始まって、その達成のためのプランニングが始まるのですが、私は特にネット集客においてはこのプランニングを1巡目は行いません。

なぜなら、時間がもったいないからです。

妄想から成功までのステップがイメージできたら、これまでの経験を活かし行動に移します。行動に移すことで結果は望む結果かどうかは別にして生じます。

これが市場の声だと思っていますので、その結果をチェックして改善策を施します。

結果を最速で上げるための「DDCA・PDCA」サイクル

例えるなら、人気の出そうなサービスを思いついたら(妄想「Delusion」)、まずWebページを作りSEO対策を施してアクセスを集めます(Do)

一定期間様子を見ながら、問い合わせの数やアクセス数との兼ね合いをチェックします(Check)

思った以上の成果を得られた場合は、そのコンテンツに果てを加えず次の企画に取りかかりますが、思った以上の結果が得られなかった場合は、関連キーワードでコンテンツを作成しアクセスを集めます(Act)

その後、先に作成したコンテンツとの比較を行い、3つ目のコンテンツを作成するか、1つ目、もしくは2つ目に手を加えるかを検討します。(強いて言えば、2巡目ではじめてPlan)

計画を立てている際には、夢と妄想が広がり続け現実離れしたものになってしまうか、「出来ない理由」ばかりが浮かんできて結局行動に移さない「企画倒れ」が多く発生してしまいます。

ネット集客の場合は特に、在庫を必要としませんし修正や改善も多の戦略に比べればリスクはほとんどありません。計画は「やるかやらないか」を決めるだけ。

計画は結局は絵に描いた餅に終わることが少なくありません。コストや労力をかけるのが不安な場合は小さく始めれば良いわけです。

「まず、やる」ことから始めてみてください。

きっとネット集客もSEO対策も今まで以上の成果を手に出来ることだと思いますよ!

皆さんもご存知のPDCAサイクル。 Plan Do Check Act 言葉を知っていても、DoとActionを区別できていないケースも少なくないようです。 Wikipediaによると以下のような和訳…

成果を出すためのPDCAはDDCAから始まる

はじめの計画はザックリがポイント!

87

一般的に使われる「PDCA」では、計画段階で時間がかかってしまったり頓挫してしまうことが多い。特にネット集客の場合は「妄想(Delusion)」からでも良いので『始める』ことが重要

User Rating: 5 ( 1 votes)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます。

Twitterカバー画像サイズ

Twitterカバー2017版

ツイッターアカウントを新設した …