ネット集客とWordPress

61

本日、在宅ワーク 福岡の面接を行いました。

普段は女性、子育て中の主婦の方を対象に記事代行のお仕事をお願いする在宅ワーカーさんを対象に面接を行っているのですが、今回は、起業7年の実績を持たれる男性の方からのお申込でした。

なぜ、 起業7年の実績を持たれる代表の方が在宅ワークかと思ったのですが、熱意あるメールを頂いたので、面接というよりもご相談に応じるという気持ちで、本日を迎えました。

今回の面談の中ではやはり、昨今の不況の中、集客に苦労されているということでしたので、記事代行を副業で行いつつ、収入を確保したいとお考えだったようです。

しかし、現在のお仕事を掘り下げていく中、当たり前かもしれませんが、副業を行うよりも本業に力を入れるためにネット集客を学ばれる方が、現存するご相談者様のクライアント様のためにも、そしてその方自身の収入に関しても比べ物にならないくらい前向きです。

お話を聞くと、ホームページ作成をドリームウィーバーで行うためにお勉強はされてきたそうで、現在でも修正程度ならご自身でできるそうです。

しかし、SEO対策の知識やコンバージョン頂くためのLPOのスキルに乏しいため、様々な情報をたよりに勉強をされているのですが、それら莫大な情報と、何を信じて良いのかが分からず、心折れる寸前だったようです。

そこで、おススメしたのがWordPressです。

私自身WordPressを導入して2年以上経ちますが、本腰を入れてWordPressのカスタマイズやSEO対策を始めたのは、今年の6月以降。

無料ブログを使えると、WordPressでホームページが作れるところを説明させていただき、元々HTMLやCSSの知識はある程度持っていらっしゃる方でしたので、カスタマイズの自由度の高さに驚かれ、早速事務所に帰って、自社サイトのWordPress移行作業に取りかかることになりました。

ネット集客やSEO対策の方法には何百種類という方法があります。

しかし、最も必要なことは、自社の持つ最新のオリジナルの情報を随時発信し続けること。

新規ビジネスでない限り、今回のご相談者のように既に顧客を持っていらっしゃる事業者の方でしたら、アクセスは既存顧客にホームページリニューアルを伝え、お得意様キャンペーンを行うことで集めることが可能です。

専門サイトを新たにWordPressで立ち上げ、打ち込みやすいドメインを取得すれば、電話口で新しいホームページを見せることが可能です。

この手法ならSEO対策要らずで、その後に必要となる検索上位表示の要素でもあるアクセスを得ることができます。

もちろん、WordPressで新規にホームページを立ち上げる際には、内部要素としてSEO対策を施すことは必要ですが、内部対策は、伝えたいことを整理して、的確にページに盛り込むことで80%は適切な内部対策が可能です。

昨今のGoogleのアルゴリズムを見ると、適切な整理された情報ページを随時追加していくことで高い評価を得ることができます。

これは、長年変わらないSEO対策の王道と言えます。

後は、特にBtoBビジネスの場合は、訪問先や取引先のPCで自社サイトを見せながらプレゼンを行う。

繰り返しになりますが、これでサイトのアクセ数や滞在時間、ページビューを稼ぐことができます。

しかし、やっていない企業は多いですよね。

ネット集客やホームページ活用は、手放し、ほったらかしで集客できるとのふれこみが多いですが、ホームページを使える機会に使っておらず、手放し、ほったらかしにできるまでの時間をいたずらに引き延ばしている傾向があります。

WordPressを使って他社のサイトを構築したり、自社以外の商品のSEO対策やコンバージョン頂くための仕組みを構築するためには、かなり詳しくWordPressを研究する必要はありますが、自社の商品やサービスのネット集客にのみ限って行うのでしたら、無料ブログを使う程度のスキルがあれば、ホームページ作成業者に高い管理料を支払うことなくホームページを運営することが可能です。

WordPressを使ったホームページ作成やネット集客を始めてみるとこれまでホームページにかけていたコストがおそらくバカらしくなることでしょう。

ホームページ作成