アドセンスの収益化を単純に改善するためにやった5つのこと

1564
アドセンスの最適化とアナリティクスとの連携

これまで、本ブログにもAdSenseは設置していましたが、ブログの運営目的自体が、ブログによる収益増加ではなかったため、それほどAdSenseの収益はチェックしていませんでした。

しかし、最近、アドセンスの収益が増えてきたことに加え、バラツキが出てきたため、その原因の追求と改善が出来るようにと手を加えてみました。

今回、本サイトに手を加えた概要は以下の通りです。

  1. アドセンスの収益レポートを見やすくするための施策を2つ。
  2. AMP化
  3. 広告の掲載位置と種類の定義付けおよび最適化
  4. 解決できなかった問題

アドセンスの収益レポートを見やすくする2つの施策

今回、アドセンスのレポートを一目で分かりやすくするために始めにやった2つのことは「広告ユニット名」を「ブログ名+掲載位置+広告の種類」にしたことと、カスタムチャネルの設定です。

デスクトップバージョンの変化

アドセンスレポート-デスクトップバージョン

上図が今回「広告ユニット名」を変更したデスクトップバージョンのアドセンスレポートです。特に変化は見られませんが、今後赤枠で囲った「広告ユニット」のデータに変化が見られると思います。

ただ、出かけることも多い私は、出来るだけデスクワークの際、データ解析に時間を割くのはもったいないと感じています。

出来ることなら、出先でのちょっとした隙間時間にデータをチェックし、改善方針などをメモしておいて、落ち着いて作業できる時間を有意義に使いたいと考えています。

そのため、デスクトップバージョンのレポートの変化よりスマホアプリバージョンの変化に期待していました。

それが、次の図です。

スマホアプリバージョンの変化

AdSenseアプリのレポート

上図が、アドセンスのスマホアプリバージョンです。

赤枠で囲った「05公式サイドバー」などが、今回改修した広告ユニット名です。

以前までは、【上位のチャネル(過去7日間)】には、URLしか表示されておらず、どのサイトの収益が高いかはチェックできていましたが、広告の掲載位置まではチェックできていませんでした。

収益性の高いサイトだけチェックできれば、どのサイトにテコ入れをするかの方針は決められますが、広告の掲載位置や種類の最適化まではできません。

【上位のチャネル(過去7日間)】には、「広告ユニット名」ではなく「カスタムチャネル名」が表示されるため、「カスタムチャネル名」と「広告ユニット名」をほぼ同じ名称にし、管理することにしました。

広告の掲載位置と種類をテスト出来るようにする

次に行ったのは、サイトはWordPressを使っているので、広告を自動掲載させるための設定を使っているThemeの設定とfunctions.phpの編集を行いました。

使っているThemeで設定したこと

このブログで使っている「Newspaper」と言うThemeでは、アドセンス・コードをThemeオプションに貼り付けるだけで指定した位置に自動で広告を表示してくれる機能があります。

基本は「記事上」「記事下」ですが、その他に「指定した段落数毎」に広告を表示させるオプションも付いています。

現在は、このThemeオプションを使って「記事上(アイキャッチ画像下)」と「記事下」に広告を自動で表示させています。

「指定した段落数毎」に広告を表示させるオプションは、文章の途中に広告が表示されてしまうため、広告が、せっかく記事を読んでくださっている読者さんの邪魔をしてしまうと感じたので使っていません。

現在、Themeオプションで配置した広告が「レスポンシブ」にしているのですが、調節がうまく機能していないみたいで、広告の掲載位置がスマホによってずれる不具合が出ています。

状況を見てfunctions.phpか必要なファイルに直接書き込むことも視野に入れ調整したいと考えています。

ただ、子テーマに設置したfunctions.php以外のphpファイルを親Themeから子テーマに移植するとThemeのアップデートの際に不具合が生じるのであまりやりたくないのが本心です。

functions.phpで記事内広告を自動掲載する方法

子テーマのfunctions.phpを編集することで親テーマのアップデートの影響を受けず、任意のカスタマイズができる上に、WordPressエンジニアさんやphpのスキルを持ったアフィリエイターさんなどがコピペでソース・コードを公開してくれているのでとても助かります。

私のphpスキルは「素人に毛が生えた程度」ですので、一からコードを書くことはできず、エラーが出ているところを見つけ、ネットで探して修正するくらいしかできません。

そのため、本当は前述した「アイキャッチ画像下」のAdSense広告自動掲載Themeオプションで実施した場合の不具合をfunctions.phpでのカスタマイズに変更して修正したかったのですが、今回は見送りました。

今回、functions.phpでアドセンスの自動掲載を行なったのはH2見出しの上部への広告掲載です。

今回は、1つ目から3つ目のH2タグ上に「記事内広告」を自動挿入させることにしました。

以下がfunctions.phpに、そのままコピペで使えるソース・コードです。

25行目から32行目までの[0][0]が1つ目のH2見出し文章上に広告を挿入という命令文で、[0][1]が2番目となり[0][2]が3番目になります。

私の記事の場合、多くてもH2の見出しタグは3つくらいしか使わないのでこのような設定にしています。

本サイトでは「投稿」だけではなく「固定ページ」も使っていますので2行目が「if (is_singular()) 」になっています。

投稿ページだけで良い場合は、3行目の「if (is_singular()) 」を「if (is_single ()) 」に変更してください。



AdSense広告の最適化を設定する

せっかく記事を書いてアドセンスの報酬を獲得するなら、ぜひ最善の広告を最善の場所に掲載したいものですよね!

ただ、どの場所にどの種類の広告を掲載するのがベストなのかを追跡するのは結構骨の折れる仕事です。

そこで、ここは天下のGoogle先生に最適化をお任せすることにしました。

最適化の方法は2種類あります。

ひとつは、広告の掲載位置や広告の種類自体を全てGoogleにお任せする「自動広告」を使う方法です。

もうひとつは、このブログで採用しているような「掲載位置は任意」で広告の種類やサイズの最適化をGoogleに任せるやり方です。

「自動広告」の場合は、サイトのデザインやレイアウトが崩れる場合があります。

「デザインやレイアウトが崩れる」と言っても、スマホでのアクセスがほとんどのサイトの場合は、それほど影響はありません(アドセンスの自動広告に関しては、また別の機会にご紹介します)。

アドセンスを掲載する位置に関しても、様々なブロガーが提案記事を書いていますが、やはり記事の内容や「書き方の癖」などで、クリックされる場所が変わってくるようです。

そこで、任意の場所を指定して、広告の種類だけをGoogleにテストしてもらい最適化することで、収益アップを望むことにしました。

いくつかテーマの異なるブログを運営していますが「記事の書き方の癖」なんかは共通しますので、「広告の掲載位置は任意」で運用するブログと「自動広告」で運用するブログを併用し比較することで、改善を加えようと私はしています。

アドセンスにログインして、【trending_up最適化】内の【最適化】をクリックすると以下のような「自動テスト」と「広告サイズ」で最適化の設定ができます。

広告の自動テスト
自動テスト

広告サイズの最適化
広告のサイズを最適化

今回は「自動テスト」では、Googleが推奨している「自動最適化」に設定し、「広告サイズ」に関しても同じくGoogleが推奨する「モバイルのページビューの100%を最適化」を選択しました。

最適化の提案

今後の改善に関しては、上図の赤枠で囲った「新たな最適化案が見つかった場合は表示されますので、のちほどご確認ください」の提案にしたがって取り組んでいきたいと考えています。

テスト結果のレポートに関しては【→最適化】→【テスト】で確認できます。

解決できなかった課題

今回のアドセンスの収益を改善するために取り組んだ設定で2つ解決できなかったことがあります。ひとつは、アドセンスの収益をページ毎に確認するためのアナリティクスとの連携です。

もうひとつは、広告の掲載パターンを比較するために新たに立ち上げたブログサイトのアドセンス審査が一向に終わらないことです。

アナリティクスとの連携がエラーになる

まず、肝心のアドセンスの成果を各記事毎に確認するには、アナリティクスの【行動】→【サイト運営者】→【サイト運営者のページ】にデータが表示されるようにしなくてはなりません。

私の場合は、エラー続きで未だ表示されていないので以下のような画面になったままです(どなたか教えてください)。

Googleアナリティクスとアドセンスとの連携

ここには「プロパティをリンクするには、アナリティクスのプロパティの編集権限と AdSense または Ad Exchange アカウントの管理者権限が必要です。詳しくは、AdSenseAd Exchange のリンクに関する情報をご確認ください。」と書かれているので、「AdSense」のリンクから設定方法を確認します。

アドセンスとアナリティクスをリンクさせる方法

この説明通りに作業を確認すると、私の場合はすでにリンクは有効になっています。

しかし、アドセンス側での設定を行うと…

Google アナリティクスのアカウント情報の取得中にエラーが発生しました。

この通りエラー続きで先に進みません。Googleにフィードバックを送ってもなしのつぶてで先に進めずじまいです。

※ 解決方法をご存知の方は、コメント欄にてご教授いただけると幸いです。



新たに立ち上げたサイトのアドセンス審査が一向に終わらない

次に、アドセンスの収益を向上させるためにも、闇雲にコンテンツを追加してトラフィックを増やすだけでは、らちが明かないだろうと考えている私は、いくつかのブログで比較し最適なアドセンスの運用方法を見つけたいと考えています。

しかし、2019年2月に入って2つのブログサイトを立ち上げたのですが、未だに審査が終わりません。

色々とアドセンスの審査に関して調べてみると“>2016年以降、アドセンスの審査が厳しくなったようなのです。

しかし、2017年に新規で立ち上げたサイトは、たった10数記事しかないのにAdSenseの審査に数十分後には合格し、すでに広告が表示されています。

この他、新設サイトと同時期にアドセンスの審査申請を行った運用歴7年のサイトも、あっさり審査に合格し広告が表示されています。

最近は特に審査が厳しくなり「1ヶ月後に審査に合格した」などの記事を見かけることもあるので、地道に通知が届くのを待ちながら、既に審査に合格している各サイトで検証内容を定め改善に努めていきたいと思います。

今後もアドセンスに関する改善レポートは随時記事にしていきますので、この記事をブックマークしておいてください。

ads by Google