出版をもっと自由に

56
自費出版の方法や選択肢はまだまだある

「自費出版って、どのくらいの費用が必要になるんだろう…」出版にはどんな経費がかかって、出版に必要な費用の中で抑えられるものと、押さえられないものって、どんな費用があるんだろう…と、自費出版に関して疑問を持たれている人も少なくないと思います。

今回は、私の出版体験を通じて「出版をもっと自由に」を、テーマに自費出版の新たなカタチをご紹介したいと思います。

自費出版は目的が明確なら費用は抑えられる

自費出版と一口に言っても、その目的別にいろいろなケースがあります。例えば、本という形にして思い出や「軌跡」を残したいというだけなら、印刷と製本費用だけで出版は可能です。

ただ、そこに「出版社を通して出版したい」と、言う思いが加わるケースが多いのですが、なぜ、出版社を通して自費出版したいのかと言う目的が明確でない場合は少なくありません。

自費出版を請け負う出版社は、その本を売ることを考えた上で、どれだけ売れるかを過去の経験則から算出し、校正費用や編集費用、印刷製本費用を算出し、自費出版費用を見積もります。

この場合、どのくらいのページ数になるのか、どのくらいの文字数になるのかによって、校正費用と編集費用が異なってきます。本の大きさ(判型)によっても、1ページあたりの文字数が異なればページ数も異なってきますし「割(画像やイラストと文字の関係など)」も変わってきますので、厳密に言えば、この辺りの積算はざっくりとしたものにならざるを得ません。

その理由は、自費出版を依頼する場合でも、きっと原稿はまだ出来上がっていないことでしょうし、書きたいテーマや出版したい本のテーマは決まっていても、その本がどのくらいの文字量になるのか見当もつかないと言う人も少なくないからです。

また、あらかじめ原稿を書いていたとしても、自費出版を持ち込む会社によっては原稿の内容を確認してからでしか、出版してもいいものかどうか判断できませんので、読まれずに断られるケースもしばしばあるようです。

出版企画を練り、それがどのくらいの文字量に達するのかを検討したのち、自費出版会社に持ち込むのなら、私は自費出版会社ではなく、商業出版の企画として持ち込むことをお勧めします。そのほうが費用はかからないで済む上に、印税(著作物使用料)も期待できる上に、ブランディングにもつながりますからね。

もう、お気付きですね。
今、お伝えしたような内容は自費出版を検討している人によくあるケースなのですが、すでに出版の目的がブレ始めています。

「出版したい」という漠然とした思いの中に「出版費用を抑えたい」という思いが加わり、あわよくば「印税も欲しい」「出版したブランドも欲しい」と、どんどん欲が膨らんできているわけです。

こうなると、以下のような点で自費出版費用は積み上がってきます。

  1. 売れる本にするための校正、編集費用
  2. ゴーストライター費用
  3. 発行部数
  4. 書店配本手数料
  5. 装丁デザイン費用など

なぜ、自費出版なのか

自費出版を検討している人の多くは「商業出版はハードルが高い」と、思い込んでいます。ですから、商業出版は無理でも、ある程度費用を負担する自費出版なら、出版を通じて〇〇ができるのではないか!と、考えているわけです。

この「〇〇」は、先ほどお伝えした「出版の目的」が、入るのですが、費用自体の概算がつかめないため「出来るだけ費用を抑えて」「出来るだけ安く自費出版したい」と、なり先ほどの流れに落ち込み、目的と投資のバランスが崩れ始めます。

自費出版をしたいと考えている人が思うように、確かに商業出版を実現するハードルは決して低いものではありません。それこそ、大手出版社からの商業出版だと、企画の持ち込みなどでは、ほとんど採用されないとすら言われています。この辺りの出版事情に関しては、拙著『出版したいと思った人が初めに読む報告書』を、お読みいただくか、7月下旬に出版される私の本を読んでいただければ、詳しく解説しています。

ただ、多くの人が商業出版に夢を抱いているようですが、これまで100冊ほどの本を出版している堀江貴文氏でも無料で全国の書店でイベントをしたりする「書店営業」を行わなければ、本は売れないと話しています。

この書店営業はなにもホリエモンだけが特別なことをやっているわけではなく、あのベストセラー作家百田尚樹さんや勝間和代さん、水野敬也さんなんかも、全国にあるたくさんの書店を周り、人間関係を作りながら、ベストセラーを生み出しているわけなのです(このことは、こちらの記事で堀江貴文氏が告白しています。https://abematimes.com/posts/2573759

自費出版費用は、こうして安く抑えられる

自費出版の費用を安く抑えたいと考えているのなら、まず「書店配本」をやめにします。書店配本を行うためには、3,000部以上はもちろん、1万部の印刷が必要だと言う見解もあるくらいですから、書店配本をやめるだけで、書店配本取次手数料と印刷製本費用を大きく圧縮できます。

そもそも、書店配本を行ったからと言っても、ホリエモンや百田さんの書店営業の話を考えれば、本が売れるわけではないので自費出版を検討している人にとって、書店配本は必要ないとすら言えます。

ちょっと、余談ですが、書店配本は通常「取次」を通じて全国の書店に「委託配本」という形式で配られるのですが、近所の知り合いの本屋さんに置いてもらうくらいなら、JANコードを発行できる出版社に依頼すれば、直接本屋さんに置いてもらうことは可能です。

本屋さんに置いてもらうんですから、10冊分買い取ってもらうのではなく、まずは、10冊置かせていただいて、1ヶ月後に売れた冊数分の「仕入れ代」だけ支払ってもらうようにすれば、本屋さんにも負担がないので、置いてもらえる確率は高くなります。(JANコードとは、書籍用のPOSレジバーコードのようなものです。書店との人間関係ができているのなら、JANコードがなくても、取り扱っていただける場合はあります)

書店配本をやめても、出版をビジネスにつなげる方法はある

ここでは、自費出版を行なって、ご自身のビジネスに繋げたい、出版を通じてブランディングをしたいと考えている人や集客、販促に繋げたいと言う人のために、書店配本を行わなくても商業出版を行わなくても、ビジネスにレバレッジを効かせる方法があることをご紹介します。

※思い出的な出版を検討している人は、ここは読み飛ばしても問題ありません。

書店配本を行うと、なにやら「著者」というブランドイメージが湧いてきそうな気がする人も少なくないでしょうが、Amazonが「取次」を介さず、直接出版社から書籍を仕入れるようになっていることは、すでに多くの人がニュースなのでご存知だと思います。

ちょっと出版業界の内輪話になりますが、「日販」や「トーハン」などの「取次」に口座を開くのはあまたある出版社にとって、これはかなりハードルが高いことなのです。取次に口座を持たない出版社は、口座を持っている出版社に販売委託を行なって、取次を通しているケースもあります。もちろん、これが自費出版ならその分費用がかさむことは言うまでもありません。

しかし、日販やトーハンとの取次口座を持てなくても、Amazonとなら私たちも取引を可能にしています。別に電子書籍ではないですよ!電子書籍なら、私たち出版社登録を行なっている出版社だけじゃなく、個人でも今すぐにAmazonから電子書籍を販売することはできます。

運良く、日販やトーハンを通じた書店配本を可能にした自費出版を実現させたら、次は書店営業(これは商業出版でも同じ)に、出かけます。本を売る営業に行くわけですね!

出版をして、本業に刺激を与えたいと願って、出版したのに、本業の営業ではなく、本の営業に、それも、これまで取り扱ったことのない「書籍」という商品の営業を、これまた、これまで対応したことのない本屋さんに向けて営業するのですから、そんな営業をするくらいなら、本業のテコ入れに邁進したほうがよっぽど早く、業績を改善できると思うのですが、いかがでしょうか?

ここに疑問を抱き始めて、約3年間、色んな実験と実践を行なってきたのが、私たちが行なっている「WEBと出版を繋ぐ新たなカタチ」です。

自費出版は、こうすれば最短でしかも費用を抑えて出版できる

私たちが3年間行なってきた、実験と実践の結果から、出版はWEBと関連つけることで、費用を抑えながら、出版を本業の業績改善に活かすことができるほか、ウェブサイトの運営にもテコ入れができるようになる方法があることが分かってきました。

これまで、私自身、紙の本と電子書籍を14冊出していますが(2017年の7月中旬ごろにまた3冊出版します)、これまでは実験を兼ねた出版でしたので、正直誤字や脱字が残っていたセミプロ出版社ではありました。恥を忍んで経験を積んだ結果、今、あなたが営んでいるビジネスの延長線上で本の営業も可能にし、本来取り扱っている商品やサービスの売り上げ改善や、求人、社内業務の改善に役立てる出版というこれまであまり見聞きされてこなかっただろう、出版の形にたどり着くことができました。

そのため、20万文字程度までの原稿なら、拝読させていただき、この私たちが実績を積んできた「WEBと出版を繋ぐ新たなカタチ」という目的に沿った原稿へと修正するお手伝いをしながら、従来の出版常識にとらわれず、自費出版を行なっていただくことができるようになりました。

いうまでもなく、書店配本は行いません。まとまった冊数の書籍が必要な場合は、別途必要に応じて印刷製本を1冊単位で発注できます(お知り合いの印刷製本業者さんに、私たちを通さず依頼されても構いません)。

出版ですので、印税(著作物使用料)も、お支払いできますが、別に私たち出版社の感覚論で「売れる、売れない」を判断して、内容やタイトルを修正することはありません。ちなみに、今回私が出版する3冊の本というのは、この記事の冒頭に掲載したイメージ画像の通り、完全版の1冊と、その完全版を2冊に分割した上下巻で出版します。

この完全版は、約5センチの厚さがあります。この5センチの厚さの本と言っても、想像がつきにくいかもしれませんが、概ね小学生が使うような国語辞典や漢和辞典くらいの厚さです。

通常、これだけ厚い本は商業出版されません。

ですが「出版をもっと自由に」をテーマに挙げている、私たちですから、そんな分厚い本も出版できます。2冊の分割本も合わせて出版したのは、なにも、この完全版(4.8cm)が、売れない場合の保険として、2冊に分けたわけではありません。これも、WEB活用と出版を掛け合わせたマーケティング・ツールとして活用するための施策の一部です。

こんなことを告白してしまうと、なおさら新刊が売れなくなってしまいますが(笑)、私たちは「売るための本ではなく、伝えるための本」としての出版を請け負う出版社です。

この新刊は過去に実験材料として出版していた『小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴』の大幅改訂増補版で、旧著は6万4,000文字程度で1センチにも満たない本でしたが、今回は50万文字を超え、旧著には掲載しきれなかった、2015年時のウェブ活用の解説に加え、2017年版のウェブ活用を書き加え、私たちが行なってきた、3年間の「WEBと出版を繋ぐ新たなカタチ」を生み出すまでの実験経過や、そこで行なった仮説と検証結果なども収録しています。

もちろん、これだけ分厚い本ですので、分割本にしても従来からあるビジネス書よりも若干価格が上がります。ですが、先述した通り「売るための本ではなく、伝えるための本」を、私たちは実施していますので、メルマガ読者さんには、この新刊の出版前原稿を無料でプレゼントしています。

この新刊はウェブ活用に関する内容が主なため、ウェブのことはあまり興味がないという方も、この記事を読んでくださっているかもしれませんよね。そんな方のために、下記のページでは、今度出版される新刊の出版前原稿のプレゼントに加え、すでに出版している『出版したいと思った人が初めに読む報告書』の出版前原稿のプレゼントページもご案内しています。あなたの目的にあった出版前原稿を下記より今すぐ、手に入れてください。

注意
新刊が出版された以降も、出版前原稿のプレゼントを継続するかどうかは未定です。

返事を書く

ご意見を聞かせてください!
あなたの名前をここに入力してください